日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉デートスポット

在住者が提案する地元密着デート

キャナルシティ博多で1日デート in 福岡

知らない場所に行った時、「ここの人たちはどこでデートしているんだろう?」と思うことはありませんか?そこで今回は、福岡・ロサンゼルス・パリ・東京・横浜在住の20代から30代のカップルに、良く行くデートコースを教えてもらいました。メジャーな観光スポットから、住んでいないと分からないなと言う感じの、とっておきの所まで、さまざまです。情報提供者からの生コメントも載せていますので、参考にしてくださいね!

福岡は、キャナルシティ博多をご紹介。南九州や山口県在住者からも、圧倒的人気を誇るデートスポットで“キャナル”の愛称で親しまれています。

キャナルシティ博多とは、1996年にオープンした、映画館・シアター・ホテル・ショッピングモール・レストランなどを持つ大型複合エンターテイメント施設です。映画を見てからショッピングを楽しみ、ディナーを食べて帰るというのが、カップルの定番ですが、ドリンク片手にぶらぶらするのも楽しそうです。

映画館は13スクリーンを持つシネコンで、広めのシートが自慢。インターネットでもチケットを購入することができ、便利です。ショッピングエリアには、高級ブランドから雑貨屋さんまで、約130店舗が軒を連ねます。ここに来ると、欲しいものが必ず見つかるはず。また、5階のラーメンスタジアムもカップルに大人気!

※情報提供者からのコメント
特に目的がなくても、2人で良くここに来ます。ここに来れば、何かすることが見つかるから。それとサンプラザステージの「ダンシングウォーター」を見るのも楽しみの一つ。噴水が音にあわせて踊るんですよ!皆さんも、キャナルシティに来た時には必ず見てくださいね!
キャナルシティ博多
鎌倉デートスポット

ご当地名物「ゆるキャラ」を探せ!
海底に7ツ星ホテル!?夢の海底生活
新「会社法」で誰でも社長になれる
ジョギングで、心も身体も「うまい!」
脳の衰えを防ごう
エコか?趣味か?スリーホイーラー!
真面目にデートを考えたてみた!
金沢の金箔貼りを体験!
ニュージーランドに住んでみよう
ダンディにキメるパイプスモーキング!
地上最後の楽園「タヒチ」を満喫しよう
アクアテラリウムを楽しもう。
男性美容講座・増毛-薄毛の悩み-
おさかなスィーツ登場
映画を作るには?
ロボットで遊ぼう 〜ホビーロボット〜
ゲッティセンター

1日じゃ見終わらないゲッティセンター in ロサンゼルス

ロサンゼルスからは、ポールゲッティミュージアム(以下ゲッティセンター)がエントリー。日本で想像する“美術館”とは規模が全く違い、芸術に興味のない人でも1日中楽しめる素敵なスポット。ガイドブックに載っていますが、観光客はほとんど行くことのない、地元の人だけがオススメする、とっておきの場所です。

ゲッティセンターは、石油王ポール・ゲッティが、自ら集めた美術品を展示している美術館、博物館、教育機関を備えた施設で、入場料はなんと無料。L.A.の街を一望できる高台にあり、総面積約88,000?。建築家リチャード・マイヤーによる白を基調とした建物が、美しい庭園の中にうまく配置されていて、このセンター自体がすでにアートです。館内には、絵画、彫刻、家具、写真など、ありとあらゆる種類の芸術品が展示されています。中でも古代ギリシャ時代の彫刻や中世ヨーロッパ時代の家具は必見。また、外には、幾何学模様の花畑があり、その周辺でのんびりピクニックを楽しんでいる人もたくさんいます。

※情報提供者からのコメント
美術館には全く興味のなかった私ですが、1度来てからお気に入りになってしまいました。写真とか、中世の家具とか結構面白いんです。あと、ここに来る時は、必ず近くのJamba Juiceでスムージーを買って持って来ます。シャーベット状のフルーツジュースでおいしいんですよ。それを飲み終わるまでは、外の庭でのんびりしています。周りには、読書をしている人や、まったりしているカップルなどがたくさんいますよ。広すぎて、まだまだ見ていないところもあるので、また来たいなと思っています。入場無料なのでオススメです。
世界にただひとつの器を造ろう!
最後のこだわり?オリジナルなお墓 
究極の「焼きいも」を探せ!
21世紀、家庭用ロボットの普及!
使える護身グッズはこれだっ!?
週末は三浦海岸で地引網
コートドール実食レポート
海外流ビールの楽しみ方
彼女とぶらり小旅行 上高地・立山の旅
ハイエンドオーディオ(超高級オーディオ)
自宅を映画館に!ホームシアターの世界
一眼レフカメラが女性に受けている!?-初心者1眼レフカメラ入門-
B級グルメ探訪〜東京編
知る人ぞ知る寿司割烹店
驚きのアイテム勢揃い USBを楽しめ!
寒い冬こそ“お取り寄せ”!

アンヴァリッドとその周辺を散策 in パリ

フランス・パリ在住者からのオススメスポットは“アンヴァリッドとその周辺”。アンヴァリッドは、病気や怪我をした兵士や退役軍人を収容するために、1676年にルイ14世が建てた施設で、セーヌ川の畔に位置します。現在は、軍事博物館として使用されており、古代から20世紀までに使われていた、世界中の軍服が展示されています。真ん中の黄金に輝くドームの地下には、生前セーヌ川の畔に葬られることを願っていた、ナポレオンの棺が安置されています。近くには、エッフェル塔、オルセー美術館、ルーヴル美術館、サントシャペルなどがあります。このセーヌ川一帯は世界遺産に登録されていて、パリの歴史を感じさせます。

近くにあるサントシャペルは、13世紀にルイ9世が、イバラの冠と磔刑時に使った十字架の一部を納めるために建造させた教会です。2階は壁一面がステンドグラスになっていて、あまりのすばらしさに声を失ってしまいます。このステンドグラスはパリ最古のものだと言われています。

※情報提供者からのコメント
落ち着いた雰囲気のこの周辺が大好きで、時間があれば2人でここに来ます。アンヴァリッドからエッフェル塔方面に少し行った所ある、プージョラン(現在はセッコ)というパン屋さんがお気に入り。何を食べてもおいしいので、そこでパンを買って、アンヴァリッドからセーヌ川の周辺を散歩しながら食べるのが、お決まりのデートです。ミルフィーユなどのお菓子も安いのにおいしいので、よく買って帰ります。パリに来た時は、ぜひこのコースを歩いてみてください。
フランス政府観光局