日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
お散歩するならさんぽす

気になる「あの一流ビル」のテナント料

地方へのアクセスも快適
ゆとりある日々を実現する物件

 続いて住居兼オフィスに向いた物件をもう一つ。近年多数の高層マンションなどが建設され、近未来的な街並みへと変貌を遂げた品川にある「品川Vタワー」の29階、2LDKの物件です。

 JR品川駅から徒歩6分という立地にあり、東海道新幹線や羽田空港へのアクセスにも非常に便利なので、出張の多い業種の方に最適の物件と言えます。29階から見下ろす東京の風景は、多忙な中のリフレッシュには恰好のものでしょう。2003年に完成したばかりの新しい物件なので、当然各部屋にインターネット回線も完備。ネットの利用料金は賃料に含まれているので、ビジネスに、プライベートに、高速回線をたっぷり堪能する事が可能です。

 賃料は月48万4,000円(共益費無し)。2LDKとは言っても占有面積は80平米あり、リビングは20帖と余裕の広さを持っています。窓の外に広がる絶景と相まって、心にゆとりを持ったビジネスライフを送る事ができるでしょう。

問い合わせ先:東京建物不動産販売株式会社 RM事業部
お散歩するならさんぽす

人生のクオリティをも向上させる
憧れの人気物件

 最後に、あまりの人気に当面空き物件は望めないものの、まさに「最高峰」と言える場所についても触れておきます。

 まずは冒頭でも触れた「六本木ヒルズ」。エリア内の総延床面積72万4,000平米を誇る、日本国内最大級の都市再開発プロジェクトです。オフィス、住宅、ホテル、商業施設、文化施設などの機能が融合されており、まさに一つの「街」と言っても過言では無いでしょう。遠い未来、この2005年という時代の歴史が綴られるとしたら、六本木ヒルズは間違いなく最も重要な場所の一つとして語られているはずです。

 お次は、もはや「横浜」と聞いただけでその姿が浮かぶ日本一の高層ビル「ランドマークタワー」です。アメリカの建築家ヒュー・スタビンスにより設計された個性的な建物は知名度抜群で、ランドマークタワー内にオフィスを構えているというだけで信用の証ともなるでしょう。周囲のみなとみらい地区を含めた快適な環境は、人生のクオリティ向上に大きく寄与してくれるに違いありません。

 インターネットなどの普及で情報が瞬時に世界中を駆け巡る現代こそ、リアルに生きる「場」を見つめなおす最適の時期なのではないでしょうか。

問い合わせ先:
森ビル
三菱地所ビルマネジメント