日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

自然が生み出す奇跡。中国:九寨溝

世界遺産は
美しいだけではない

 日本には歴史ある古い建造物がたくさん残っている。特に西の都である京都には多くの歴史的建造物があり、京都に行くと欧米からの外国人観光客が多いことに驚かされる。これら外国人の多くは、日本に関して、秋葉原、六本木、京都に興味があるのである。この京都のいくつかの建造物は「世界遺産」に指定され、保護することが義務づけられている。さて、この世界遺産とはなんだろう?

 これは歴史的、文化的、自然的に人類にとって大きな意味があり、後世に伝えていく必要性がると認定された建物やエリアなどだ。必ずしも美しいものだけではなく、人類の残酷な歴史を示すもの、自然災害、環境汚染などで、その存続が危ぶまれているものなどがある。単純に文化的、芸術的なものだけでなく、後世に伝えるべき叡知、残すべき環境として、さまざまなものが世界遺産に認定されている。この世界遺産を認定しているのは、フランスのパリに本部を置く国際連合の専門機関ユネスコ(UNESCO:国際連合教育科学文化機関)だ。ユネスコでは、現在も世界遺産を認定し続けており、人類にとって価値のあるものを保護するために活動を続けている。
ユネスコ
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

大人のための日帰りバスツアー!
モバイルオーディオの楽しみ
知られざる「観葉植物」のチカラ!
「米ぬか」はカラダにもお肌にも栄養満点!!
フランス全国民が祝うパリ祭をレポート!
異色のウォッチメーカー -Sinn-
世界が誇る「RECARO」の魅力
携帯の良番を手に入れる
ホームシアターをより快適空間に
「クロスバイク」で快感通勤のススメ!
ワールドグッドデザイン 京仏壇『壇』
松茸に和牛!秋を食べ尽くす割烹旅館
政治家になろう〜県議会議員編〜
「一服を楽しむ銘茶を探そう」
世界の牡蠣を食す!オイスターバー
金の魔力にせまる!
香港観光協会

多くの日本人が知らない
広大な中国の2つの姿

 日本にほど近い国のなかで、特に美しい自然と景観を持つのが中国である。中国のなかでも台湾は、今や世界のパソコンのマザーボードの過半数を生産しているというハイテクエリアであり、世界のパソコン工場であると言ってもいいだろう。また、台湾のPCメーカーであるレノボは、世界的なコンピュータメーカーであるIBMのノートパソコン「ThinkPad」プロジェクトを買収し、世界展開をしている。そして、香港は超金持ちの中国ビジネスマンの集まる街であり、高層ビルが建ち並んでいる。

 このように、東京にも劣らぬ世界レベルの経済力を持つハイテク都市であるように見える台湾や香港であるが、これらのエリアは中国のごく一部であるに過ぎない。それ以外の中国の多くのエリアの人々は、今だ中世であるかのような牧歌的にのどかな農耕生活を続けている。一方は先進都市、一方は時間が歩みを止めたかのような世界。その落差はまるで、タイムマシンで異なる時代に迷い込んでしまったかのようだ。それが同居する国が中国なのである。
生ジュースでフレッシュな毎日を!
ロマンティック! 水上に住まう暮らし
クルマ・GARAGE BLUE
うわさの“つくし飴”その正体は?
ハイビジョンで迫力の映像を楽しもう
この夏「ヘッドスカーフ」が流行中!
自分にあった空間を作る
六本木ヒルズグルメランキング・フレンチ
第133回天皇賞特集
「サイエンスカフェ」で頭脳を磨く
ハーレーダビッドソンでアメリカン!
今年の花見は大人の花見
男の料理!カレー編
クリスマス間近! ホテルでデート
競馬の楽しみ方
手抜き家事のススメ、掃除ロボット参上!

童話の世界とも呼ばれる
九寨溝とは?

 中国は歴史のある国家であり、広大な土地には多くの美しい自然が残されている。そのため、世界遺産に指定されているものも多い。世界的に有名な「万里の長城」をはじめとし、泰山、北京と瀋陽の明・清朝の皇宮群。莫高窟、秦の始皇陵、周口店の北京原人遺跡、黄山、龍門、明・清朝の皇帝陵墓群など、数多い。そんな世界遺産のなかでも最近、注目を集めているのが、「九寨溝(チウチャイゴウ)の渓谷の景観と歴史地域」だ。世界遺産に登録されたのは1992年だが、人々に知られるようになったのはごく最近のことで、1970年代に森林伐採のためにこのエリアに来た人が偶然、その美しい景観を発見したと言われている。その後、多くの人々が訪れるようになり、その渓谷沿いにチベット人の村が9つ存在したため九寨溝(中国語で「村が9つある谷」)と呼ばれるようになった。

 九寨溝は中国の人々にとっても、最近まで知られることのなかった秘境なのだ。そして、人々が出入りすることがなかったため、美しい自然が残され、まるで遠い昔のようなたたずまいを持っており、「童話の世界」とも呼ばれている。仙人が住んでいると言っても、信じる人がいるのではないだろうか? その美しい景観は古代を舞台にした中国映画「英雄〜HERO〜」(ジェット・リー主演)にも登場しているほど、浮世離れしている。

関連リンク:
旅のクチコミサイト フォートラベル
旅いつまでも
旅チャイナ・中国旅行大全
旅のクチコミサイト フォートラベル 九寨溝