日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

彼女とぶらり小旅行 上高地・立山の旅

さあ、出かけよう!!
雄大な自然あふれる「上高地」へ

 “涼”を求めて彼女と二人で高原へ旅をする。今回は、今年の夏ぜひとも試していただきたいとっておきの旅行プランをご紹介します。「上高地」も「立山黒部」も日本人の原風景ともいうべき壮大な自然に囲まれた避暑地。二人の素敵な思い出として、いつまでも心に残る旅となるでしょう。

 上高地は長野県松本市から西へ30キロのところにある高原観光地。穂高の勇壮な景観、清らかな梓川の流れ、芥川龍之介の小説で有名になった河童橋などがあり、中部山岳国立公園の中心地となっています。
 東京から最短で上高地へ行くなら、中央自動車道を長野方面へ向かって岡谷ジャンクションから松本ICへ。出口をでて国道158号線を1時間ほどひた走ると上高地への入口「沢渡」に到着します。ここからは自家用車の乗り入れは禁止されているのでシャトルバスかタクシーを使ってください。

 歩いてこそ魅力がわかる上高地。梓川に沿って遊歩道を行けば、湿原に種々の高山植物が咲きみだれる田代池、上高地のシンボル・河童橋、神秘的な明神池など大自然が生み出した芸術的な風景と触れあうことができるでしょう。
 また、「自然観察会」や「アマチュアフォトコンテスト」なども定期的に開催しているので参加すると上高地の新たな魅力を発見できるかもしれません。

関連リンク:上高地公式Website
上高地公式Website
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

花や緑のある暮らしを楽しみませんか
危険いっぱいの魅惑の世界へ 冬山登山 
パリ・メンズファッションレポート
古民家テイストで暮らそう
神仏に出会う霊場巡礼
ヘタでいい、ヘタがいい〜絵手紙入門〜
気球に乗ってみよう!
「サイエンスカフェ」で頭脳を磨く
男だって紫外線対策!
運命の出会いを求めて〜パーソナルチェア〜
裁判を傍聴しよう
政治家になろう〜市議会議員編〜
とっておきの高級ステーキが食べたい!
日本人の線香花火
寒天とトコロテンって同じ?違うもの?
世界の牡蠣を食す!オイスターバー
上高地帝国ホテル

宿泊は伝統と格式がもてなす
「上高地帝国ホテル」へ

 上高地の宿といえばなんと言っても「上高地帝国ホテル」。沢渡から路線バスまたはタクシーで約30分。1933年(昭和8年)に日本で初めての本格的な山岳リゾートホテルとして開業した老舗のホテルです。赤い三角屋根と、石と丸太を積み重ねた外観は上高地を象徴する風景のひとつ。四季折々の豊かな自然を味わえるホテルとして旅行者に人気を博しています。
 客室は「スタンダード」「ベランダ付きタイプ」「スイート」の3つに分かれているので、予算と彼女との親密度に合わせてプランを考えてみては。どの部屋に泊まっても熱い夜を過ごせるのは間違いありません。

 そして翌朝、必ず早起きして出かけてもらいたいスポットが「大正池」。大正池は,大正4年の焼岳の大噴火によって梓川がせき止められて生まれた池です。朝靄の中に浮かび上がる、水面に立ち枯れている木々や朝穂高連峰の山並みが、彼女と二人、幻想の世界へと導いてくれるでしょう。上高地のオススメスポットです。

上高地帝国ホテル
〒390-1516 長野県松本市安曇上高地
宿泊予約専用TEL.(0263)95-2006
スーパー健康法 バナナ酢
この夏「ヘッドスカーフ」が流行中!
手首のオシャレを楽しんでみよう
ドライビングシューズを履きこなそう!
今話題の、宮廷料理を楽しもう!
温泉で身も心もポカポカデート!
ハーレーダビッドソンでアメリカン!
親密だから許される、下着のプレゼント
これぞ道楽!ボートで遊ぶ
食欲増進にもいい人気の和風リキュール
トレイルランニング - 山を走ろう
勝ち組ブログ・レジャー業界で有名なあの社長が登場!
ITがスポーツを科学する!
核シェルターで安全な未来を
うわさのストレスコーチングって何?
魅惑のラオス。ルアンパバーンぶらり旅

今夏の旅のメインイベント!
「立山黒部アルペンコース」

 「立山黒部」のアルペンコースは、1971年に開通した富山県中新川郡立山町の立山駅(富山地方鉄道)と、長野県大町市の扇沢駅とを結ぶ観光ルート。立山連峰の景観を望む立山ロープウェイ、全線地下式のケーブルカー、黒部ダム建設に用いられたトンネルを通るトロリーバス、黒部ダムの堰堤上の徒歩での移動など、さまざまな乗り物を乗り継いで移動することができます。

 マイカーの乗り入れは立山、扇沢の両駅まで。そこからは回送サービスを利用して反対側の駅まで車を届けてもらうのがアルペンコースの常識です。東京からだと中央道から上信越道、北陸道とひた走り、立山ICで降りて立山駅向かうのが一番の近道です。

 最高地点は、立山登山の基点ともなる室堂で標高2,450メートル。7つの交通機関を乗り継ぐ立山黒部アルペンルートは、登山道を除けば富山県と長野県とを直接結ぶ唯一の交通路です。しかし、自然保護の観点などから運賃が高目に設定されていることと、多くの乗り物を乗り継がなければならないことから、富山・長野間の移動を目的として用いられることはほとんどありません。訪れる人の大半は観光客だそうです。


関連サイト:
立山黒部アルペンルート オフィシャルガイド
立山黒部アルペンルート
立山黒部アルペンルート オフィシャルガイド