日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜を散歩するならさんぽす

「イームズ」で珠玉のインテリアを

長く愛用できる家具が欲しいなら

 ファッションやクルマ・家電だけでなく、そろそろ家具も「本物」で揃えたい・・インテリアにこだわりたい!という人におすすめなのが「イームズ」だ。モダンデザインのパイオニア、チャールズ&レイ・イームズ夫妻が手がける家具の数々は、50年近くも前にデザインされたテーブルやチェアがあるにも関わらず、いまだに色褪せない輝きを放っている。他とはひと味違うデザイン性に溢れていながらも飽きが来ないので、長く愛用できること請け合いだ。

 そんなイームズデザインの家具を製作しているメーカーがハーマンミラー社だ。創業以来伝統的な家庭用家具を生産していたのだが、1930年以降はオフィスまでを含めたモダンデザインを手がけることとなる。その後は優れたデザイナーと共に多くの名作を発表し、モダンデザインの家具メーカーとして世界的に有名となった。

 イームズに関しては、この勝ちスポでも「デザイナーズチェアを手に入れよう!」と題した特集で、イームズのチェアが紹介されているのでそちらもご覧いただきたい。

icon
Charles & Ray Eames
横浜を散歩するならさんぽす

次世代ゲーム機 あなたはどれを選ぶ?
核シェルターで安全な未来を
これぞ道楽!ボートで遊ぶ
アートとしての「磁性流体」
すわ!地震 そのときに!
触れたらハマる「ダーツ」の魅力!
ドイツ生まれのスタイリッシュ日用品-コジオール(koziol)
目覚まし時計が、光る!香る!飛ぶ!
優雅に香るシガーが大人を演出します
憧れのツリーハウスを建ててみよう
日本の伝統音楽がフィットネスに!
一般人だって、歯は命!
南国・宮崎を旅する!
VEXzodiaでゴルフクラブをオーダー!
石鹸にこだわれ!
究極のスタミナ食!おいしいキムチ研究
Eames Shell Side Chair DSR

まずは手に入れたい、永遠の名作

 まずはデザイン・価格ともにベーシックなものから手に入れてみてはいかがだろうか。画像にあるチェアが「Eames Shell Side Chair DSR」だ。イームズ夫妻の名をデザイン史に刻み込んだ歴史的な名作である。

 dining side-chair rodと言われるこの製品は当初、アルミニウムかスチールをプレス成型して背と座が一体となったシェル型のイスを作ろうと試作を繰り返していた。なかなか製品化には至らなかったがFRP素材の開発によって成功し、大量生産を可能にした。現在は環境に配慮しポリプロピレンを原材料としている。

 シンプルな中に輝く美しさ、そして完成度の高さ。カラーも豊富に揃っている。駅のホームやスタジアムにあるチェアにも似ているが、イームズ夫妻のデザインを日本のデザイナーが60〜70年代に感銘を受けたものだといわれている。

 チェアを手に入れると他の家具も欲しくなってくるだろう。そこで紹介したいのが次のテーブルである。

icon
伊豆・河津温泉「抹茶風呂の宿つりばし荘」
黒いトマトから究極のトマトまで〜フルーツトマトの世界
大冒険を満喫できる究極の乗馬とは?
ロボットで遊ぼう 〜ホビーロボット〜
2007年の夏は、さわやかポロシャツ!
大河ロマンの焼酎〜「篤姫」と指宿
寒い冬こそ“お取り寄せ”!
パリのスイーツを極める!
クリスピークリームドーナツ、もう食べた?
めざせ「おしゃれパパ」スタイル!
『ハゲを隠すな』劣等感に逆転勝利!!
抗生物質が効かない!?
世界が誇る「RECARO」の魅力
時には贅沢を!フォアグラの楽しみ方
ガンボってなんだ?食ってみよう。
体験型ギフト〜ギフトが贈る素敵な時間

個性的なデザインのテーブルはいかが

 画像にあるテーブルが「ETRT」だ。通称サーフボードと呼ばれるこの製品、その名の通りサーフボードのような個性的なフォルムが最大の魅力である。ただ当初からこのような姿というわけではなかったようで、現在のような形になるのに様々な過程を経てきたという。

 デザインのきっかけとなったのは、イームズ夫妻が30年以上暮らしたカリフォルニアのヴェニスビーチではないかと考えられている。サーフィンの聖地でもあるこの地で誕生したであろうテーブルは、床に座ってのパーティに最適だ。2.2mもの長さがあるため、実際に置いてみるとかなりの迫力を感じさせるだろう。広いリビングに豪華なオーディオ類や優雅なソファ・・そんな空間にぴったりマッチするはずだ。まさに勝ち組気分を満喫できる。さらに手に入れたくなるのはリッチなラウンジチェアだろうか。次の段で紹介する。

icon
ETRT