日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草を散歩するならさんぽす

アメリカ西海岸テーマパークを遊ぶ!

夢と魔法の王国の原点!
世界初のディズニーランド。

夏真っ盛り!長期休暇を取って、海外旅行に行く人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、アメリカ西海岸のテーマパーク一押しのアトラクションと、攻略法をご紹介します。

まずは、ディズニーランド。去年、50周年を迎え、現在それにちなんださまざまなイベントが行われているマジックキングダムです。

お勧めアトラクションは、“インディージョーンズ・アドベンチャー”、リニューアルしたばかりの“パイレーツ・オブ・カリビアン”、4人乗りジェットコースター・“マンハッタンボブスレー”など。

ディズニーランドの中で、絶対にはずせないアトラクションは、アメリカンリバーで行われる、光、水、火、そして音楽を使ったスペクタクル、“ファンタズミック”です。ディズニー映画「ファンタジア」の世界が、そのまま水のカーテンに映し出され、とても幻想的でロマンティック。上演時間は、9時と10時半の2回。後ろの方でも十分楽しめますが、前の方で見たい人は1時間以上前から場所取りをした方がいいでしょう。ベストポジションは、パイレーツ・オブ・カリビアンの近くです。

<ディズニーランド満喫攻略法>
1:インディージョーンズでファーストパスをもらう。(4、5時間後なんてこともある)

2:その他に絶対に抑えておきたいアトラクションのファーストパスをもらう。(1度にファーストパスを持てる数が決まっているので、要注意)

3: お昼のパレードの時間に合わせて、マンハッタンボブスレーに並ぶ。

4: パレードは出発地点に陣取る。(他の人が見ている間に次のアトラクションに移動するため)
ディズニーランド
浅草を散歩するならさんぽす

男一匹、観劇する
「自分の島」を持とう!
ファンを増やしつづけるフリークライミング
「米ぬか」はカラダにもお肌にも栄養満点!!
クルマ・GARAGE BLUE
自然の恵みを堪能する宿、マッカリーナ
バレンタインに大人のための生チョコは如何?
レストアを楽しもう
今はクルーザーがモテる時代!
魅惑の世界遺産を巡る旅・エジプト
歴史ロマン満載、日本の名城特集
一杯1500円のうどんを食べてみた
この冬、めざせ北海道!
世界が誇る「RECARO」の魅力
袖に輝くカフリンクスに注目!
デキル男の個性派システム手帳
カリフォルニアアドベンチャー

カリフォルニアの魅力がぎっしり詰まった、
カリフォルニアアドベンチャー。

ここでは、カリフォルニアアドベンチャーをご紹介。その名の通り、“カリフォルニア”をテーマにした遊園地で、ディズニーランドの向かいにあります。ディズニーランドよりも、子供向けのアトラクションが多く、絶叫マシーンが苦手な人も大丈夫。中にはワイナリーもあり、大人のデートにも最適です。

お勧めアトラクションは、箱自体がスライドする観覧車・“サンウィール”、ミッキーの顔の中を走るジェットコースター・“カリフォルニア・スクリーミン”、映画「バグズライフ」の世界に入ることができる・“It’s Tough to Be a Bug”、そして、ニューアトラクションの“モンスターズ・インク:マイクとサリーのレスキュー”です。

ここで、絶対に入らなければいけないのは、 “ソーリン・オーバー・カリフォルニア”。パラグライダーに乗ったような感じでふわーふわーと、カリフォルニアの空の上を空中散歩するアトラクションで、激しい動きはありません。画面に合わせて、オレンジの香りがしたり、森の香りがしたりして、今まで体感したことのない不思議な感じが味わえます。

<カリフォルニアアドベンチャー満喫攻略法>
1:ソーリン・オーバー・カリフォルニアでファーストパスをもらう。(4,5時間後のこともあり)

2:カリフォルニア・スクリーミンでファーストパスをもらう。

3:ハイベリオンシアターでミュージカルを見る。(タダでかなりいいものが見られます)

4:疲れたら、ディズニーアニメーションへ行く。(室内にソファーあり)
石鹸にこだわれ!
パパ!忍者になるっ。
ヨーロッパの古城を持つ!
オープンカーで颯爽と!
失敗しない住まいのエクステリア
オーディオは音にこだわれ!
勝ち組ブログ・レジャー業界で有名なあの社長が登場!
今が買い時!「携帯の良番」
新横乗り系?フリーラインスケート
40万円ミシン!超高級家電が日本を救う
「イームズ」で珠玉のインテリアを
北京近郊ぶらり旅 中国世界遺産特集
男だって紫外線対策!
秋デート 松茸狩りで お腹一杯
カッコいい、頼もしい、頑丈な金庫
至高の酒・シャンパンを楽しむ

100年の歴史を持つ映画会社・
ユニバーサルスタジオ。

ロサンゼルスと言ったら、やはり元祖ユニバーサルスタジオ。このエリアは、映画初期の頃から、制作会社がひしめき合い、現在もワーナーブラザーズ、ディズニーなどの映画会社やテレビ局が多く集まっています。

お勧めアトラクションは、映画、「ウォーターワールド」の世界を再現したショー・“ウォーターワールド”、音入れやCGなど、実際の映画製作の裏側をのぞくことができる・“スペシャル・エフェクト・ステージ”、比較的新しいアトラクション・“シュレック4D”、定番の“ジュラッシックパーク”や“Terminator2:3D”などです。

なんと言っても、ここは“元祖”。“スタジオツアー”を忘れてはいけません。トラムに乗って、映画会社“ユニバーサルスタジオ”のセットの中を見学するアトラクションです。所要時間は約45分。ただセットを見るだけではなく、ゲストを驚かせたり、喜ばせたりする仕掛けが多くあり、運が良ければ、本物の撮影現場や有名俳優に遭遇できます。あの「サイコ」の家やあの「グリンチ」の家、そして、誰もが胸躍らせたあの「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の時計台などを見ることができるので、映画に詳しくない人でも興奮してしまいます。

<ユニバーサルスタジオ満喫攻略法>
1:入ってすぐ、右にある建物で日本語パンフレットを手に入れる。

2:ウォーターワールドの時間をチェックする。(後ろでもいい人は、早くから並ぶ必要ななし)

3:スタジオツアーに行く。

4:サウンド・エフェクト・ステージでは、実演者を募るので手を挙げて参加する。

5:“Terminator2:3D”や“シュレック4D”など、1回にたくさんの人が入れるアトラクションは、時間ぎりぎりに入る。
ユニバーサルスタジオ