日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
江ノ島デートスポット

歴史ロマン満載、日本の名城特集

外観は白鷺、中は要塞
世界に誇る名城「姫路城」

皆さんは江戸時代初期の日本にどれくらいの数の城があったかご存じですか?実は、大小あわせると180ほどあったと言われています。でも、その多くが明治維新や太平洋戦争の戦災によって滅失してしまい、今でも当時の姿を残している城は数えるほどしかありません。今回は、現存する国宝四城をご紹介し、遠い歴史に想いを馳せてみたいと思います。

まず初めにご紹介するのは1993年、世界遺産に登録された日本を代表する名城「姫路城」。白漆喰の城壁の美しさから白鷺城とも呼ばれるこの城は、標高45.6mの姫山を利用して構築された平山城。縄張は螺旋状に三重とし、内・ 中・外の濠をめぐらされ、巨大な天守閣はもとより、迷路のような複雑な防御の仕組みをもつ城としても有名です。白漆喰は火に大変強く、なおかつ強固な補強材であるため用いられたと言われています。
その歴史は南北朝時代にさかのぼり、赤松貞範が小城を築いたのが始まりとされ、本格的な城郭となるのは関ヶ原の戦い以降。当時の優れた築城家の一人であった池田輝政が1601年から8年の歳月をかけて築城しました。天守が江戸時代のままの姿で現存する数少ない城の一つとして、姫路城は名実ともに日本が誇る歴史的、文化的遺産だといえるでしょう。

姫路城
所在地:兵庫県姫路市本町
交 通:JR姫路駅徒歩10分
姫路城
江ノ島デートスポット

ケータリングで手軽にパーティー!
最新の生活様式“ロハス”を知ろう
アニメで見て憧れたアノ食べ物を徹底追求
世界一の高層ビル“台北101”登頂
JACOB JENSEN(ヤコブ・イェンセン)
スパで大人のリラクゼーションを満喫する
最高のサプライズをリムジンで
今宵、本格焼酎をロックで味わう!
ツール・ド・フランス2007年速報!
男、箸にこだわる!
一流を感じる 〜リムジンに乗る優越〜
ミラクルフルーツが起こす「奇跡」!?
気軽な三ツ星シェフの二号店オープン!
紅葉と癒しの高級旅館
ニューヨーカーに人気のレストラン
ジョギングで、心も身体も「うまい!」
松本城

信濃が誇る名城趾
黒い勇壮美「松本城」

北アルプスと美ヶ原を望む「松本城」は、冬季のアルプス連邦の白い景観との見事なコントラストに美しく映える黒い容姿から、別名「鴉城」と呼ばれています。天守の形態は五層六階の大天守を中心とし、北は三階の乾小天守が渡り櫓で連なり、東は巽付櫓、月見櫓が続くという見事なL字型の連結複合式。日本に現存する国宝五重の天守は、先ほど紹介した姫路城とこの松本城しかありません。

戦国時代、信濃国中部を治めていた甲斐源氏の名門、小笠原氏が砦を築いたのが始まりとされ、武田氏、徳川家康と名だたる武将の支配下におさめられました。貞享年間(1684年〜1687年)以降、1950年の昭和修理の際に修復されるまで、およそ260年にわたって天守が大きく傾いたままだったのは、加助騒動の首謀者・多田嘉助が磔刑に処せられる際、天守を睨んで絶叫した怨念によって傾いたといわれています。また、明治の維新で城全体が売却され解体の危機に直面しましたが、市川量造ら地元の有力者の尽力によって買いもどされ難を逃れました。

松本城
所在地:長野県松本市丸の内
交 通:JR松本駅徒歩20分
ワンランク上のボウリングをしよう
今こそ侍 SAMURAI!
カメラを自作する?ピンホールカメラで遊ぼう
アートとしての青白磁、その美の魅力
岩盤浴でデトックス
「米ぬか」はカラダにもお肌にも栄養満点!!
彼女とめぐる発祥の地デート in横浜
新横乗り系?フリーラインスケート
クラシックコンサートへ行こう!
自宅でそろえる高級健康器具
憧れのフェラーリをレンタルしちゃおう!
すぐにでも実践したいホビングリッシュ(大人編)
脳を活性化する「大人の塗り絵」
ワールドグッドデザイン 京仏壇『壇』
天満天神繁昌亭で上方落語ブームを体感!
裁判を傍聴しよう

戦国時代の最重要拠点
井伊氏の息吹を残す「彦根城」

彦根城」は国宝の天守を筆頭に、数多くの櫓・門が現存し国の重要文化財に指定されています。この城には他城からの移築物が多く、天守は付櫓・多聞櫓とともに大津城、天秤櫓は長浜城、太鼓門は佐和山城西の丸三重櫓は小谷城から移築したといわれています。美しさや壮大さでは同じ国宝の姫路城や松本城に見劣りするかもしれませんが、その軍事的価値はきわめて高く、国宝の城郭中、最も重要な拠点を守備する城として利用されてきました。

幕末の大老として有名な井伊直弼は、藩主となるまでの不遇の青春時代をこの城下で過ごし、直弼が青春時代を過ごした屋敷は昭和60年度から6年間にわたって修復され「埋木舎(うもれぎのや)」として現存しています。明治6年(1873年)の廃城令で数多くの城が失われる中、今なおその雄姿を見ることのできるのは、明治11年(1878年)の廃城撤去の寸前に大隈重信が視察し、その名城の消失を惜しみ明治天皇に上奏したことにより破却を免れたからです。

彦根城
所在地:滋賀県彦根市金亀町
交 通:JR彦根駅徒歩10分
彦根城