日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜を散歩するならさんぽす

歴史ロマン満載、日本の名城特集

犬山城

最近までは個人所有
日本最古の天守「犬山城」

国宝四城の最後に紹介するのは日本最古の国宝天守閣を誇る「犬山城」。文六年(1537)、織田信康によって築かれました。木曽川が大きく曲折する断崖の上に立っていることから唐の李白の詩の「朝に白帝を辞する彩雲の間・・・」の風景描写とマッチし、別名「白帝城」とも呼ばれています。

豊臣時代には石川備前守が城主となりましたが、関ヶ原の戦いで西軍に属したことによって没落。元和3年(1617年)に成瀬正成が城主になり、以後徳川時代を通じて成瀬家9代の居城となりました。明治の廃藩置県で廃城となりましたが、明治24年(1891年)の濃尾地震で天守の一部や櫓・城門などがこわれたため、城の修復を条件に旧犬山藩主成瀬正肥に無償で譲渡されました。そのため、唯一の個人(成瀬正肥氏)所有の城として現在に至っていましたが、高額な贈与税(固定資産税は免除)がネックとなり、平成16年4月からは財団法人に譲渡されました。

犬山城周辺に約500本の桜があり、天守最上階からの木曽川方面の眺めは素晴らしく一句詠みたくなるほど。手すりが当時のままで非常に低いので、くれぐれも落ちないように気をつけてくださいね。

犬山城
所在地:愛知県犬山市犬山
交 通:名鉄犬山遊園駅徒歩10分
横浜を散歩するならさんぽす

戦国時代を楽しもう!
テーマパークで武将初体験

さて、ここまで国宝四城をみてきましたが、心はもう戦国時代にトリップしてしまった人もいるんじゃないでしょうか。そんな方のために戦国気分を味わえるテーマパークをご紹介しましょう。

豊臣と徳川が運命をかけて戦った関ヶ原の戦いを忠実に再現した合戦テーマパーク「関ヶ原ウォーランド」。敷地内の至る所にほぼ等身大の武将人形を多数配置し、リアルに関ヶ原合戦を体験できるように演出されています。家康の「首実検」の模様を再現したコーナーもあるので、気の弱い人にはちょっと刺激が強すぎるかも知れませんね。

時代考証に基づき再現された安土城が大迫力な「伊勢・安土桃山文化村」。広大な敷地に戦国時代の様子を再現したテーマパークです。アクター達の歴史ショーや体験館の数々は楽しめること間違いなし。ニャンまげくんに注目!

戦国グッズを手に入れたい方には「安土桃山通販」がオススメ。「戦国武将ミニのぼり旗」や武将の辞世などを石板にした「武将の詩」など戦国ファンにはたまらないサイトです。

今回の日本の名城特集はいかがでしたか。この機会にぜひ名城、城下町巡りに出かけてみてください。あなたの中の新しい歴史の扉が開かれるかもしれません。
関ヶ原ウォーランド