日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草を散歩するならさんぽす

指先で風を操る快感 〜スポーツカイト〜

何気なく感じている風を
遊びのアイテムとして使ってみる

 爽やかな風が吹くと、気持ちが晴れやかになる。爽やかな気持ちにさせる風もあれば、一方では建物を破壊するほどの風もある。自然現象である風の強さや吹く方向などは、人間の力でどうにかできるものではない。
そんな風を利用して移動する乗り物に帆船などもある。大きな帆に受ける風を動力とするのだ。それ以外にも、風力発電なんかもある。風は日常にさりげなくあるものだが、その利用価値はなかなかのものだ。

 風を利用した遊びもある。ウインドサーフィンやパラグライダーなどがそれだ。どれも爽やかな青空が似合うスポーツだ。しかし、こういったスポーツを体験しようと思っても、遠くのスポットまででかけ、道具をそろえて……となかなかその道のりは近くはない。もっと手近に楽しむことのできる遊びがある。それがスポーツカイトだ。日本でいうところの凧揚げを競技にしようなもので、その形や糸(ライン)の本数などは複数の種類がある。
スポーツカイト
浅草を散歩するならさんぽす

核シェルターで安全な未来を
ケフィアヨーグルトで今日も健康!
セレブなワインテイスティング会
ヴィンテージカー値上がりランキング
おしゃぶり8000円! 勝ち組のベビー服
入学シーズン! 子どもの勉強机を自作する
プライベートジェットを手に入れろ!
天満天神繁昌亭で上方落語ブームを体感!
「髪の毛は一生かけて守るもの」
大人の洋食屋特集
落ちにくいメイク〜Eye Make
地球環境問題への第一歩を踏み出そう
ロボットで遊ぼう 〜ホビーロボット〜
躍進する27歳社長のこだわりとセンス
「和傘」その美しさに魅せられる世界
一流を感じる 〜リムジンに乗る優越〜
Team airrex

大空を自由に飛び回る
スポーツカイトを飛ばす

 スポーツカイトは、大きな河原や公園などで楽しむことができる。電線などのない広いところなら、手軽に楽しむことができるのだ。もちろん、本格的にやるとなれば色々と規制はある。今回は、そういった部分も含めたスポーツカイトの紹介をしていきたいと思う。

 スポーツカイトの特徴といえば、2本または4本のラインを使ってカイトを操縦するところだ。それぞれ、デュアル・ライン、クワッド・ラインと大別され、競技ではカテゴリ分けされている。2本ラインで操縦するデュアル・ラインの方が競技としてはメジャー。まずは、デュアル・ラインのスポーツカイトから体験してみてはどうだろうか。指先に風を感じながら、カラフルなカイトを空に泳がせてみよう。初心者でも、浮かせやすいカイトを選び、弱風のあるときであれば、カイトを浮かせることができる。少し練習をつめば、旋回させたり8の字を描いたりと、自由自在に操ることができるだろう。

関連リンク:Team airrex
この冬の「鍋料理」は熱々フォンデュを
未来をかけたレアメタル競争勃発!
一杯1500円のうどんを食べてみた
日本の伝統〜山車
缶詰、うまさ再確認
唯一無二のウェディング「最高の結婚式」
食欲の秋を乗り切る肉体改造&管理!
魅惑の泉、チョコレートファウンテン♪
体に美味しいオリーブオイル
アメリカのエコライフとは?
焼き鳥屋:バードランドに迫る!
体験!発見!ジビエ料理の世界
じわじわ浸透中!南国フルーツ
人気沸騰中!米粉のパン&洋菓子
徹底解剖!ハタラク中国人のお仕事意識
ロングステイをエンジョイしよう!

心行くまで遊ぶなら
まずは基礎知識を蓄える

 スポーツカイトを基礎から始めるならば、まずは人が少なくて広い場所を訪れよう。まだカイトを自由自在に操作できない初心者は、万が一カイトが墜落したときに、下に人がいてもよけられない可能性がある。スピードに乗ったカイトは危険なので、ここは十分に気をつけたい。

 道具も、単純に安い物を買うよりも、カイトは軽くて大きめの物を選ぶといいだろう。そのほうが、風を沢山受けて浮き上がりやすいのだ。あとは、離陸〜着陸の動きをマスターする必要がある。スムーズに行うにはそれなりの練習が必要となるが、カイトを壊さず安全に楽しむためにも、まずはここから練習を始めよう。「全日本スポーツカイト協会AJSKA」では、スポーツカイトの競技情報をはじめ、スポーツカイトに関する基本的な情報なども掲載しているので、こうしたサイトを参考に、基礎知識を身につけよう。
全日本スポーツカイト協会AJSKA