日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜を散歩するならさんぽす

ありきたりじゃない旅 〜inアフリカ〜

戦闘機で、音速の壁を破れ!

 好奇心旺盛な読者の方々の中に「最近何をやっても刺激を感じない、物足りなさを感じる」そんな人はいないでしょうか?人のやっていないようなことをやってみたい、そんなあなたのために!今回は、日本では絶対体験できないツアーをご紹介します!

 まずご紹介するのは何と、戦闘機フライト体験!南アフリカの飛行場「サンダーシティ」では、約110万円で民間人でも超音速戦闘機に乗ることができます。フライトスーツやヘルメットの装着方法の指導、酸素マスクや装備の操作方法、緊急脱出シートの使用方法を教えてもらえるのはもちろん、成層圏飛行、アクロバット飛行の体験までできるのです。日本ではできないこんな体験、珍しい物好きな人には堪らないですよね!?WEB上では日本語予約もできて便利です。

 「とても現地へは行けない……。」という方もいるでしょう。そんな方は、3570円でマッハ体験を、自宅でできてしまうんです!7月28日発売DVD「ディスカバリーチャンネル 超音速飛行の世界」では、上記「サンダーシティ」での超音速飛行体験アトラクションを完全取材。超音速飛行に関するあらゆる話題と映像が凝縮されています。
サンダーシティー
横浜を散歩するならさんぽす

超ハッピーなラスベガスを遊びつくす!
至高の酒・シャンパンを楽しむ
シンガポールでゴージャスデート
スピードマスターが好き
ハイエンドオーディオ(超高級オーディオ)
彼女連れの時のとっておき!
ツール・ド・フランス2007年速報!
アートとしての「磁性流体」
最上級帆船で巡る最高の船旅
東京で食す 日本郷土料理めぐり
大人のホビー「高級ラジコン」
ワインだけじゃない!色々ソムリエ資格
自慢の絨毯、ロレックス、サルを見て!
ビルウォールレザーのシルバー、レザー
新横乗り系?フリーラインスケート
焼鳥屋で幻の一品? 白レバーを食す
ホオジロザメと出逢うツアー

ジョーズの世界を実体験
シャークダイビング

 続いてご紹介するのはサメ、それも人喰いザメ!アフリカ共和国・西ケープ州に位置する漁村ハンズバーイで行われているのは、ホオジロザメと出逢うツアー!映画「ジョーズ」でお馴染みのホオジロザメ自体は日本にも生存していますが、ホオジロザメと同じ目線で表情や動きを見ることができるツアーはなかなかありません。

 実は、アフリカ大陸最南端は、世界で一番人喰いザメの豊富なスポット。水中に沈めた檻の中から(いや、人喰いザメのいる海に檻が投げ込まれると言った方が正しいかもしれない)人喰いザメを見るという、スリリングなひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

 ちなみに、そこまでの勇気も時間もないという方は、大阪にあるスパワールド内、アトランティスで、ガラス1枚隔ててサメを始めとする魚が泳ぐお風呂に入ることができます。こちらは怖いというよりはロマンチック?かもしれませんが、近くでサメを観たいという方にはいいかもしれません。
ヒット商品の秘密はこれ?黄金比の謎
エキゾチックな世界「ドバイ」をENJOY!
オシャレのエアポケット、ベルトに注目!
この値段でこのボリューム!名古屋モーニング
六本木ヒルズ、気になるテナント事情
ネスプレッソ〜エスプレッソマシーン〜
一度はやってみたい!贅沢マグロ三昧!!
レトルトカレーを極める
究極のスタミナ食!おいしいキムチ研究
プライベートジェットを手に入れろ!
香りのフェロモンでモテる!
今年こそ禁煙を成功させよう
和風クールビズ「手ぬぐい」が大人気!
ありきたりじゃない旅 〜inアフリカ〜
夏バテを防止する&解消する方法はこれ
ビールだって自分で作れば断然うまい!

ツィンギ・デ・ベマラハ
厳正自然保護区

 インド洋に浮かぶマダカスカル島。西部に位置するツィンギ・デ・ベマラハ自然保護区に世界自然遺産があります。東京23区の2倍もある広大な土地には無数に、カミソリのように尖った岩が空に向かって突き立てられています。それはまるで剣山のような光景。ツィンギとは、現地語で「尖った」という意味なのです。この特異な地形のせいで、降水があっても尖った岩と岩との隙間にすっと吸収されてしまうので、動植物は乾燥に強い独特な種類が多数確認されています。リマ・カタス、インドリ、シファカといった動物を、あなたは観たことがありますか?星の王子様で有名になったバオバブや、ディディエラなどの木々、ピッチャーという植物はどうですか?

 秘境に生息する動植物、そして「岩のジャングル」とも言えそうな未知の世界……。ツィンギが体験できるツアーに参加してみたいと思いませんか?世界各地を網羅しているユーラシア旅行社では、ツィンギーハイキングや、ツィンギーをチャーター機で遊覧飛行するツアーが組まれています。思い切って2週間ほど休みをとって、秘境の地へ足を運ぶのもいいかもしれません。
ユーラシア旅行社