日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都を散歩するならさんぽす

いざ!UMA発見の旅へ!

UMA(ユーマ)ってなに?

ツチノコ、ネッシー、イエティ・・・。

世の中には実際に見たという目撃情報がありながらも、未だ捕獲されずに潜んでいる謎の生物がたくさんいます。この広い地球上で人間が生活している空間はほんのわずかです。もしかすると、全く目撃すらされないままヒッソリと生きている生物もいるのかもしれません。

UMA(ユーマ)とは「Unidentified Mysterious Animal」の略で、上記のような未確認動物のことを指します。

な〜んだ、おとぎ話か…。と一蹴してしまったあなた!
あのシーラカンスも1938年に海魚として認定されるまでは、立派な未確認動物『UMA』だったのです。100年前に発見されたマウンテンゴリラも、「アフリカの森林には謎の巨大猿人がいるらしい」というあやふやな情報しかなかった紛れもない『UMA』でした。

UMAは生物学者の関心を集めるロマンにあふれたものです。まだまだベールに包まれたままの地球上で、「ツチノコは絶対にいない」なんて誰に言い切ることができるでしょうか。事実、ツチノコには今も億単位の賞金がかかっているのです。わくわくしてきませんか?

UMAが噂される地域は、観光地としても一見の価値があるところばかりです。

−世界UMA巡り−。

ありふれた旅行では満足できないアナタにおすすめします!

関連リンク:ツチノコ共和国
ツチノコ共和国
京都を散歩するならさんぽす

松茸に和牛!秋を食べ尽くす割烹旅館
ペーパークラフトに没頭しよう!
ヴィンテージワインで、深いひと瞬間を
政治家になろう〜県議会議員編〜
今宵は誰と頬張る?あったか「おでん」
ハワイアン・スタイルのプリスクール
築地でおいしいものを探そう!
金沢でしっとり大人のデート
鍼・灸で今日もうつくしく
一度はしてみたい“わんにゃんデート”
ボジョレー・ヌーボーの解禁日−パリ
中国ビジネスの鍵はニセモノ対策!?
究極のフィッシング「マグロ釣り」!
夏はすぐそこ!ビーチサンダル特集!
世界中の舌をうならす伝統の味!醤油
3Dゲームマシン
ネス湖の怪獣研究所

まずは王道! 
ネッシーを追え!

UMAの世界王者といえば、やはりネッシーの他にはあり得ないでしょう。

ネッシーが住んでいると言われているネス湖は、イギリス・スコットランドの北部にあります。古くは690年頃にアダムナンが書いた「聖コロンバ伝」にもネッシーに関する記述が残っており、今までに600件を超える目撃情報が寄せられています。

ちなみにネッシーは恐竜の生き残りとされる説が有名ですが、有力な証拠とされた写真が捏造であることが発覚したり、大規模な調査が失敗に終わったり、竜脚類の大型恐竜は実際には陸生であることが分かったりと、少なくともネッシーの正体が恐竜である可能性はかなり薄まっています。

しかし2005年3月にシカの死体と共に10センチメートルほどの牙状の物体が見つかり、「これはネッシーの牙だ」となおも存在を信じる人が後を絶ちません。さらに2006年、ネッシーはネス湖に立ち寄ったサーカス団のゾウだという新説が誕生したりと、ネッシーにまつわる謎はますます深まるばかりなのです。

関連リンク:ネス湖の怪獣研究所
※【ネス湖案内室】ではネス湖への交通手段が紹介されています。さらに【ネス湖展望台】では、ネス湖に仕掛けられたウェブカメラの映像を見ることができるとか。
注目のメンズコスメ「VITAMAN」
健康的な外食を!ドクターズレストラン
優雅に香るシガーが大人を演出します
「自分の島」を持とう!
究極の酸素システム O2rich
ブランド&手編みニットの世界
食事も兼ねた、美術館巡りはいかが?
ガンボってなんだ?食ってみよう。
ヴィンテージカー値上がりランキング
防音マンションで音楽と共に暮らそう。
男性美容・デキる男のリフレッシュ!午睡を満喫
とっておきの高級ステーキが食べたい!
政治家になろう〜市議会議員編〜
街乗りを楽しむならレンタサイクルで!
運転手は車だ 未来の車は事故らない?
暖炉のある暮らし

存在確率NO.1 
オゴポゴにチャンスあり!

オゴポゴ」とは、カナダブリティッシュコロンビア州のオカナガン湖で目撃されたUMAです。

オゴポゴは1872年に初めて発見されたことになっていますが、それ以前にもインディアンがナウタカ("湖の悪魔"の意)という名前で語り継いでいます。体長は約5〜15m、背中にはコブがあります。

※写真はオカナガン湖の町、ケロウナの公園にあるオドポゴ像です。

その正体はチョウザメの一種という説があるほか、今から約4500万年〜3600万年前に生息していたと考えられている古代鯨「バシロサウルス」だという説、そして新種の鯨という説もあります。

オゴポゴはこれまでに200件以上の目撃情報が寄せられているほか、大型生物が水面近くでうごめいている映像が度々テレビでも放映され、ネッシーやツチノコなどに比べて存在の可能性が高いUMAとされています。

オカナガン湖を散歩すれば、本当に見られるかも!?
オゴポゴ