日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草デートスポット

王様の眠りを約束する快眠テクノロジー

眠れない夜に松下電工のSuimin\'Room

寝苦しかったり、寝つけなかったり、世の中のお父さんは大変らしい。

ミドルエイジクライシスだそうだ。仕事のストレスなどが原因で不眠が続くとウツ病になる。ホルモンがどうかして自殺してしまう。寝なくてはいけないと考えるともっと寝れなくなる。大変だ。会社なんかやめちゃえばいいのに、と思う。

眠れず会社も辞められない人のため、科学で何とかしちゃいましょうと松下電工の人たちは考えた。寝つきの悪い人もバタンキューになる睡眠マシンを作ろうと思った。やってみた。出来上がったのは文字通りの寝室だった。壁から照明からベッドからすべてが快眠のために用意された、丸ごと快眠メカの睡眠ルームができたのだ。

汐留にあるナショナルセンター東京では、この最新テクノロジー寝室『Suimin'Room』が体験できる。商品の体験と共に、睡眠のプロフェッショナルである快眠コンシェルジュから眠りについてアドバイスを受けることができる(要予約・60分2000円)。

眠りを科学した快眠ルームだ。きっと最新鋭の快眠メカがずらりと並んでいるのだろう。快眠持続音響ユニットとか急速入眠音波機とか、未来な何かだ。間違いない。

行ってみた。どうぞとドアを開けてもらった。覗き込んだ。

薄暗いホテルのシングルルームのような寝室である。ベッドがあり、川のせせらぎ音がBGMに流れている。空調が利き、清潔でよく眠れそうだ。しかしメカはない。ベッドから何かモニタのようなものが突き出しているが、それ以外は普通。極めて普通だ。期待しすぎた。
Suimin'Room
浅草デートスポット

海底に7ツ星ホテル!?夢の海底生活
南国・宮崎を旅する!
ITがスポーツを科学する!
役立たずでも面白い! 検定に注目せよ
アクアエクササイズでヘルシーボディ!
「いまどきラジオのススメ」
ニューヨーカーに人気のレストラン
男の下着
株価予想ソフトDream Catcher
目で、味で、食べ方で楽しむ輸入菓子
アメリカのエコライフとは?
究極の癒しだ!イヤーエステ初体験
トライクってかっこよくて楽しいみたいだ
エコはかっこいい 〜ふろしき〜
かっぱ橋道具街周辺そぞろ歩き♪
アンティーク着物、あなたはどう着る?
Suimin'Room

眠りの健康度を診断してもらった

しかし世界の松下がただの寝室など作るわけがない。ベッドに、ライトに、どんな秘密機能があるのか。知りたい。知りたいのだが、快眠コンシェルジュのお姉さんはまず『眠り相談』を受けなさいという。眠りに関する質問に、はい・いいえで答えると、自分の眠りの健康度が判定されるのだ。質問を読み上げてもらう。

「寝床に入ってから眠りにつくまで20分以上かかることがある?」

いいえ。

「夕食後、居眠りをしてしまう?」

酒飲むと、すぐ寝ちゃいますね。年ですかね。

「眠っている時、息が止まることはないですか?」

……ない、と思いますが、寝ているので何とも。

そういった質問が31問続き、その結果で眠りを診断するのだ。

「総合判定が80点。良い方ですね。こちらにお見えになる方には60点台の方も多いです」
眠りの項目ごとに結果が表示された。寝つき100点。寝起き100点。お前はのび太か。

日中のスッキリ性は50点しかなかった。寝る時間がまちまちだったり、酒を飲んだりで睡眠の質が悪く、そのツケが昼間に来ているわけだ。どうすればいいのか。

まず眠りとは何かを理解する必要がある。
六本木ヒルズグルメランキング・中華
勝ちスポ的資産運用術入門
有名建築家がデザインしたパリのカフェ
至高の酒・シャンパンを楽しむ
日本の伝統音楽がフィットネスに!
疲労回復アンプルに挑戦!ニンニク注射
街乗りを楽しむならレンタサイクルで!
人のために役立つこと〜パピーウォーカー
究極の酸素システム O2rich
彼女連れの時のとっておき!
都心に広がる天空 セレスティンホテル
ロマンティック! 水上に住まう暮らし
運命の出会いを求めて〜パーソナルチェア〜
蜂蜜酒にバラの酒 これからの酒は“甘い”
ヘタでいい、ヘタがいい〜絵手紙入門〜
ファイヤーキングをコレクションする

仮眠は大切、昼寝は禁止、眠りの知識

「眠りは体温を下げて寝ていくんですね。赤ちゃんは眠くなると手が熱くなりますが、大人も同じです。手と足から熱を放出して、体温を下げるんですね」

たしかに眠くなった赤ん坊の手は、ビックリするほど熱い。だから寝る時、人は体温が上がるものだとばかり思っていたが、逆なのだ。排熱なのである。結果、体温は下がる。

「寝る時には省エネにして、脳の修復に力を入れる。寝る前の過ごし方が重要なんですね。寝る前はクールダウンする必要があります」

熱い風呂が好きな人は寝る前に入ってはいけない。寝ている間は水分も蒸発するため、血液がドロドロになる。寝る前が大事なのだ。水分を十分にとり、体を徐々に休めていく。
照明は重要だ。人間は夕日と同じレベル(約100ルクス)の明かりで過ごすと眠る準備ができるようになっている。自宅でリラックスする時は白熱灯の間接照明を使う。反対に昼間の活性度を上げるためには蛍光灯が適している。オフィスに蛍光灯が使われているのはそのためだ。寝室や居間には蛍光灯を使わない方がいい。

日中、頭が冴えないのはどうすればいいのだろう。

「15分ぐらい目を閉じる。横になってはいけません。横になると深い眠りに入ってしまいます。動物は1番深い眠りに1日1回しか入れないようになっているんですね。眠って20分経過すると深い眠りに入ってしまいます」

電車でうたた寝をするように、浅く眠る。深く眠ってしまうと夜の眠りが浅くなるのだ。
「寝なくてもいいんです。目から入ってくる情報は、体に入ってくる情報の80%を占めています。目を閉じると脳が休憩できる。午後の眠気が来る前に脳を休憩させる。それでスッキリするわけです」
Suimin'Room