日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜を散歩するならさんぽす

トレイルランニング - 山を走ろう

誰でもできる気軽なスポーツ

トレイルランニングという聞きなれないこのスポーツ。一体どれくらいの人がご存知だろうか。トレイルランニングとは、一般的道路やトラックなどではなく、舗装されていない山の登山道や林道を走るランニングのことをいう。四季の移り変わりが楽しめ、山頂に到達したときの達成感が最大の魅力だ。自然を感じながら走る爽快感はなんともいえない。ランニングというと実につらそうなイメージだが、タイムを競うレースでもない限り、途中歩いても構わない。ハイキング感覚で楽しめばいいのだ。子どもからお年寄りまで、誰でも簡単に始められるので家族で楽しむ人も多い。

現在、世界中に4000万人以上のトレイルランナーが存在しており、その人気は徐々に高まりつつある。中でも最もトレイルランナーの多いアメリカでは、現在670万人以上いるともいわれ、特にカリフォルニア地域に集中している。すでにアウトドアスポーツとして確立しており、フィットネス感覚でトレイルランニングが楽しまれている。

関連リンク:Trail Runner Magazine
Trail Runner Magazine
横浜を散歩するならさんぽす

ヴィンテージワインで、深いひと瞬間を
ロールスロイスを見て触って乗ってみた
男が作る燻製
究極のエコレジャー・シーカヤック
クリスピークリームドーナツ、もう食べた?
天満天神繁昌亭で上方落語ブームを体感!
最高の「お月見」は最高級の旅館で!
いまこそ!オトナの予防接種のススメ
ホテルで朝食デート
MNP、3.5世代携帯電話って何?
男の爪はステイタスの証!?
「京野菜」はただのブランド野菜か?-京マーク-
ニュージーランドのボート特注
競技人口世界2位!クリケットで楽しもう
行きたい!ドバイへの旅
ヘリコプターに乗ろう!飛ばそう!
セブンヒルズアドベンチャー

日帰りツアーにチャレンジ

日本は国土70%が山岳地帯で森におおわれている。ただ、日本の登山道や林道は、アメリカと違って「傾斜が急峻」「岩場が多い」「道幅が狭い」という悪条件の三拍子。ランナー人口が多いといわれる日本なのに、なかなか普及が進まない理由はそこにあるのかもしれない。

トレイルランニングのコースは基本的に10km以上。レースでは、100マイル(161km)なんていう長距離もある。まずは都心から近い高尾山、陣馬山、雲取山などを登る日帰りツアーに参加してみてはいかがだろう。登ったり、下ったり、平らな場所があったり、季節によっても景色が変わり、とにかく変化に富んでいるので、飽きることはない。最初から意気込んでしまうと大変なので、上り坂は走らず歩き、平らな部分だけ走るというスタンスでいたほうがいい。

日本の山での楽しみは、温泉があること。トレイルランニングが終わったあとに入る温泉はこれまた格別。初めから温泉を目的にして登る人もいるくらいだ。

関連リンク:セブンヒルズアドベンチャー
寒い冬こそ“お取り寄せ”!
大輪の胡蝶蘭5本立
この値段でこのボリューム!名古屋モーニング
気になる「あの一流ビル」のテナント料
倉敷・最高の地酒を訪ねて
王様の眠りを約束する快眠テクノロジー
暖炉のある暮らし
黒いトマトから究極のトマトまで〜フルーツトマトの世界
エベレストっておいくら?
夏はすぐそこ!ビーチサンダル特集!
休みができたらプライベートリゾートへ
セレブなワインテイスティング会
生活に潤いをくれるコンフィチュール
今だからこそ、大人の「バリ島」へ
新しくなった表参道に行こう!
バレンタインデーの過ごし方

必須アイテムその1

トレイルランニング用のグッズとして一番重要なのは、もちろんシューズ。ノースフェイスモントレイルサロモンなど数々のメジャースポーツブランドが専用シューズを販売している。靴底が通常のランニングシューズよりも硬くなっており、しっかり足をガードし、シューズ内で足を遊ばせない。土砂や岩場などの険しい道でも足や膝への負担が軽減されるように設計されている。途中で足が痛くなったりしては、せっかく楽しいスポーツも台無しになってしまうので、納得がいくまで自分の足にしっかりフィットするものを選びたい。

曇りの日でも紫外線は降り注ぐので、帽子、サングラス、日焼け止めは欠かせない。とりあえず初めてみるだけという人は、Tシャツなど通常のウエアでも構わないが、吸湿発散性と通気性に優れ、紫外線も防止してくれる専用のランニングウエアがあると実に快適。擦り傷などを防ぐためにも長袖長ズボンがオススメ。
モントレイル