日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都デートスポット

爽快!自分の車でサーキット体験

自慢の愛車で
サーキットを走ろう!

 行楽シーズンも真っ只中。ご自慢の愛車でドライブの予定を立てられている諸氏も多い事と思われる。そんな、澄んだ秋空の下での快適な運転を楽しんでいると、ふと「自分の車はどれぐらいスピードが出るのだろう?限界は一体…」などという思いにかられる事は無いだろうか?だからといって夜の首都高や箱根の峠でそれに挑戦するのは当然ながらお勧めできない。捕まれば免停だけでは済まないし、終いには大事故を起こして派手に新聞の三面を飾ってしまうのがオチだ。
 さて、しかしながら、世の中にには公道では考えられない程のスピードで堂々と走行できる場所がある。それは何処か?そう、サーキットだ。各所の一流サーキットでは、自前の車でコースを体験走行できるプログラムが用意されている所が何ヶ所かある。残念ながら「限界に挑戦」とまでは行かないが、レーサー気分で、それも自分の愛車を使ってサーキットを走行できれば、冒頭のような欲求もかなり満たされるのではないだろうか?

 「でも、うちの車はレース仕様なんかじゃないし、運転テクにも自身が無いよ…」という方でも安心して欲しい。普通の乗用車でも参加可能で、初心者レベルのテクニックでも参加できるプログラムも多数用意されているのだ。今回はその中から選りすぐりのおススメ企画と、ワンランク上のサーキット走行会に必要な装備、最低限の知識などをご紹介しよう!

京都デートスポット

今、時代はホスピタリティ
泳ぐ芸術品「錦鯉」を育てよう!
くさい臭いは元から断つ! 体臭の正体
今が旬の女子フィギュアスケートに注目
金沢の金箔貼りを体験!
リニアモーターカーに乗ってみた
ギターキッズたち永遠のあこがれ フェンダー
味噌汁だって主役なのだ!専門店登場
クリスマス間近! ホテルでデート
クリスマスはどう過ごす?
夏バテを防止する&解消する方法はこれ
南米熱帯雨林の天恵、アマゾンフルーツ
ロールスロイスを見て触って乗ってみた
ミラコラーレ/「車オタクの総合デパート」を目指して
賢い選び方はこれ!ペットフード
ゲームじゃなく鉄道を運転したい!

二輪での参加もOK!
富士スピードウェイの体験走行

 まずご紹介するのは、日本一の長さを誇るストレートを有し、数々の国際的レースの会場ともなる「富士スピードウェイ」が提供する体験走行プログラムだ。レースやイベントが開催される日以外の12:00より実施されており、なんと2,000円というリーズナブルな料金でコースを2周走行する事ができる(実施日はWebサイト上のイベントスケジュールを確認の事)。

 内容は、先導するペースカーの後方に各車一列に並んで走行するというもの。安全上の配慮から追い越しなどはできないが、運転しながら目に飛び込んでくる光景は、緊迫感溢れるレース中の模様を十分に彷彿させてくれるだろう。四輪車の他に二輪車での参加もOKなので、ライダーの方は箱根方面などへのツーリング途中で仲間と一緒に参加して、ちょっとしたバイクレース気分を味わうのも楽しそうだ。四輪車は車両定員までの同乗が認められており、カップルや家族での参加も盛り上がる事間違い無しだ。

 また、先導役であるペースカーに「サーキットタクシー」として同乗する事も可能で、先頭をひた走るトップ車両気分が味わえる、前に一台も車両がいないコースの風景を楽しむ事も可能だ。こちらは一名3,000円(保険料込み)となっており、一日5名までの予約制がとられている。
気になるカエルのお菓子箱。オフィスグリコ
オーダー自転車で街を行こう!
ロボットで遊ぼう 〜ホビーロボット〜
心をデトックス!? 感情モニタリング
ホテルで朝食デート
あそこに広告出すにはいくら?
アートとしての「磁性流体」
オリジナル現像で、写真にこだわる!
すわ!地震 そのときに!
徹底分析〜「温泉たまご」とは何だ!
記録的寒波。辛いモノで内から打ち勝て
「ブドウ糖」で脳内パワーをチャージ!!
真剣に!グローバルに!結婚相談所
ITがスポーツを科学する!
お家で冬のほっこりデート!
恥ずかしくない男性自身を手に入れよう!

たっぷり味わいたい人向け!
ツインリンクもてぎのロードコース体験

 続いてご紹介するのは、オートバイの世界選手権や、全日本GT選手権、フォーミュラニッポンの会場として名高い「ツインリンクもてぎ」が提供する「ロードコースファミリードライブ」というプログラムだ。

 こちらも富士スピードウェイのプログラムと同様に、マーシャルカーと呼ばれる車両の先導により走行するスタイルで、全長4.8kmに及ぶヨーロピアンスタイルのロードコースを3周走る事ができる。料金は5,250円と富士スピードウェイより高めの設定となっているが、こちらの方がコーナー数も多く、1周多く走れるので、運転をたっぷりと堪能したい人に特におススメのプログラムと言う事ができるだろう。

 その他、同サーキットの専属ドライバーによる走行に同乗する事ができる「ロードコースエクスペリエンス」というプログラムも用意されている。ダウンヒルストレートから90°コーナーへの飛び込みなど、コース上の難しいポイントをプロの運転により体験する事が可能で、迫力とスリルをたっぷり味わう事ができるだろう。乗車できる車種も豊富で、料金はインテグラが3,150円、NSXが4,200円、ラグレイトが5.250円となっている。