日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
お散歩するならさんぽす

レーシングカートで超Gを体感せよ!

レーシングカートって何?

小さい頃、遊園地でいつも楽しみにしていたのはゴーカートだった。

130cmの身長制限をクリアし、初めて乗ったエンジン付きの自動車。アクセルを踏み込んで勢い良く走り出したあのときの興奮は、大人になった今でも忘れるものではない。

レーシングカートはそんな純粋な興奮を思い出させてくれる、大人のスポーツだ。パイプフレームに、むき出しのエンジン・タイヤ・シートなどを取り付けたシンプルな自動車は見かけはゴーカートそのもの。しかし、排気量100ccのエンジンは直線速度100km/hを誇り、地面すれすれを走る体感速度は300km/hにも上る。『リトルフォーミュラ』の名は伊達ではない。

サスペンション機構を持たないレーシングカートは、自ら車体をシナらせながらコーナーを駆け抜ける。このとき感じる重い横Gが、カートの魅力をさらに引き立たせるのだ。さらにパワーステアリングのような装備もないので、重きハンドルを握った手はダイレクトにコースと戦いせめぎ合っていく。その余りの激しさゆえ、レーシングカートで数週走ったあとは体が汗でびっしょりになると言う。マラソン並のカロリーを消費する、立派なスポーツなのである。

乗り心地のいい乗用車では絶対に味わえない感覚。

『Gの強さを体で感じながら走る』

それがレーシングカートの魅力だ!
YAMAHAレーシングカート
お散歩するならさんぽす

自分に御褒美を!
アートとしての青白磁、その美の魅力
躍進する27歳社長のこだわりとセンス
温泉で身も心もポカポカデート!
銀座の老舗
オーディオは音にこだわれ!
一杯1500円のうどんを食べてみた
古今東西・ソファーいろいろ
本気で遊ぶ!エンジンラジコンを楽しもう
魅惑の泉、チョコレートファウンテン♪
ゴールデンウィークの過ごし方
クルマ・QUATTRO(クアトロ)
知っているようで知らない確定申告
ハードボイルドに決める大人のガン遊び
2007年 今年こそは初日の出が見たい!
日本が誇る眼鏡職人
RSチッチ

レンタルカートでサーキットに飛び出せ!

「でもカートってお金かかるんでしょ? 買ってもそんなに乗る時間がないしなぁ…」「いきなりカートってのもちょっと…実は俺、運転免許も持ってないんだけど」

と、二の足を踏む人におすすめなのが「レンタルカートシステム」だ。
レーシングカートは原付免許も普通免許も一切いらない、なんと3歳の子供から楽しむことができるスポーツなのだ。とりあえず勇気と好奇心を持ってレンタルカートに乗り、サーキットに飛び出してみようじゃないか。

朝から晩までガッツリとF1ドライバー並に走って、ガソリン代など全てコミコミで20,000円を切るプランや、数時間の体験で数千円からというコースなどさまざまなプランが用意されている。

レンタルカートの申し込みは以下のサイトを始めとした、ショップやサーキットなどで受け付けている。レンタルプランを通してカートの知識を増やすのも賢いやり方だろう。

関連サイト:
RSチッチ
GEN

ただし1日中たっぷりと走行した後には、大量にかいた汗と翌日(翌々日?)の筋肉痛が予想されるので、着替えの準備&翌日を仕事休みにしておくことをおすすめしたい。
手抜き家事のススメ、掃除ロボット参上!
女性を撃ち抜くセクシートランクス
フランス式エコライフとは?
男だからこそ、家庭菜園を楽しもう!
ホルモン焼を食べつくせ!
役立たずでも面白い! 検定に注目せよ
週末は三浦海岸で地引網
気になる「あの一流ビル」のテナント料
ドイツW杯テレビに映らない見所を探せ!
都会の景色を二人占め「セスナで遊覧」
究極の「焼きいも」を探せ!
パーソナルコーディネートで変身!
漂泊の自由人・ゴーギャンの誘惑
日本発祥!インスタントラーメン
優しい香りに包まれて心を癒そう!
おもしろグッズ通販サイト

カートってどのくらいお金がかかるの?

体験試乗でレーシングカートの魅力にハマったならば、エンジン・シャーシ・デザインにまでこだわった夢のMYカートを手に入れたくなるのが男心というヤツではないだろうか。

モータースポーツの中では比較的お金がかからないレーシングカートだが、やはりシンプルな構造とは言っても体感速度300km/hの世界だ。やはりある程度の初期投資は必要になってくる。
以下は一般的な例である。

カート本体(350,000円)
ヘルメット・レーシングスーツ・グローブなどの装備品(100,000円)
カートスタンド・ガソリン携行缶などの周辺用品(30,000円)

やはり最低でも500,000円は覚悟したいところだ。しかもこれは初級者用のものなので、レース上級者・プロを目指すならばさらに大きな投資が必要になる。中古品を買えばもっと出費を抑えることが出来るが、中古品には消耗・前ドライバーのクセなどがあり、あまり初心者にはおすすめできない。
しかしある程度慣れてくれば、シャーシ(車体)は新品をチョイスし、エンジンは中古を選ぶといった自分に合った車作りを楽しむのもレーシングカートの魅力の一つである。

関連リンク:YAMAHAレーシングカート(コストシミュレーション)
YAMAHAレーシングカート(コストシミュレーション)