日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉小町通りを食べ歩き

レーシングカートで超Gを体感せよ!

JAF発行ライセンス

自分のカートスタイルに合った
ライセンスを取得しよう

レーシングカートでサーキットを走行するにはライセンスが必要となる。
(レンタルカートなどの体験コースを除く)

特にレース出場を考えていなくて毎回決まったサーキットで走行するドライバーには、「コースライセンス」がおすすめだ。3000円前後で取得することができ、各サーキットにて即日発給される。初心者はまずこのライセンスを取得してみっちりとホームコースで修行をするのがいいだろう。

その他のライセンスに、レース出場を目的とした日本全国すべてのサーキットで有効な「レース志向ライセンス」がある。

JAF(日本自動車連盟)が発行するものや、YAMAHAが発行するSLライセンスがこれに当たる。JAFライセンスには16,000円+JAF会員になることが必要で、SLライセンスは12,000円の取得費用がかかる。

これらのライセンスはA級、B級などのグレードがついており、学科と実技の両方の講習を受けて取得することができる。単にレース出場の権利を得るだけでなく、講習の過程でカートの仕組みなどへの理解が深まることもライセンス取得のメリットと言えるだろう。

詳しい取得方法は下記リンクを参照してみよう。

関連リンク:
JAF発行ライセンス
鎌倉小町通りを食べ歩き

いざ! レース出場へ!

リトルフォーミュラとも称されるレーシングカート。
第一線で活躍するF1ドライバーたちの中にもレーシングカート出身者は非常に多い。それはあの高木虎之介も例外ではない。

JAFが主催するレースには、「全日本カート選手権」「地方カート選手権」「ジュニアカート選手権」の3つがあり、エンジンの仕様によって4部門に分けられている。日本一をめざす強豪がしのぎを削る舞台、もちろん出場するには上記で挙げたライセンスが必要になる。まずはSLや各サーキットなどが主催するローカルレースに出場し、腕を着々と磨いていくのが良いだろう。

ガチンコでレース出場を目指すもよし、子供をサーキットの狼に育てるもよし、「自分はたまの休みに気持ち良く走れればいいよ」と、レース観戦に出かけるのもよし。

レーシングカートが持つスピードと重量感は、心地よい集中力とアドレナリンの放出を促し、日々抱えるストレスを気持ち良いぐらいに発散させてくれる。自分に合ったカートの楽しみ方を見つけてみよう。
JAF主催レース