日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
お散歩するならさんぽす

スマートフォンはどう凄い?

国内と海外の
携帯電話の方向性の違い

日本国内ではほとんどの人が携帯電話を持っているほど普及が進んでいるが、携帯電話の機能は発売当初から比べると多くの進化を遂げている。当初、通話だけでしか使われなかった携帯電話はやがて、電子メールが使えるようになり、Webが見られるようになり、音楽が聞けるようになったり、ワンセグチューナーを搭載したりして、クリアな映像でTVを見られるようにもなった。携帯電話は実に多くの機能を取り込んで進化しているが、日本の携帯電話はエンターテイメント機能の進化が主で、ビジネス用途にあまり主眼を置いていないに見える。これに対して、欧米ではビジネス用途の機能を強化した機種がいくつも存在し、それらはジャンルとして「スマートフォン」と呼ばれている。スマートフォンと名乗るのにどんな機能が必要かが明確に定義されているわけではないが、アドレス帳機能、スケジュール機能などのPDA的な機能は通常、搭載されており、機種によってはワープロや表計算ソフト機能などが搭載されたり、フルキーボードが搭載されるなどして、超小型のノートPCのように使えるものもある。ノートPCやPDAとの最大の違いは携帯電話の通信インフラを生かし、いつでもどこでもデータ通信ができることだろう。昨年末に登場したウィルコムのスマートフォン「W-ZERO3」は国内のスマートフォン初のヒット作となり、スマートフォンに注目が集まるようになってきている。

ウィルコム
お散歩するならさんぽす

「けん玉」ってこんなにスゴいの!?
ヒートアイランド現象を食い止めろ!
ecoバッグを持とう!
魅惑のタイランド!見どころはココだ!
卵は進化する 高品質卵を食べた!
ワンランク上のボウリングをしよう
香道、自分の内にあるものを味わう道
源泉掛け流し温泉に行こう!
どもりと向き合おう
視力回復のススメ
これを使えば断然便利!AVリモコン
エコか?趣味か?スリーホイーラー!
今話題のマヌカハニーって何?
大人の嗜み-スペインワイン
ドレスシューズ
Palm社

スマートフォンの登場が
PDAの存在意義を霞ませた

数年前、Palm社のPalmPilotというPDAが世界的に流行したことがあった。これはアドレス帳、スケジュール機能、メモ機能などを機能を持ち、独自の手書きでの入力と少ないボタン操作で使える独特の操作体系を持つものだった。また、PCとデータが手軽にシンクロ(同期)できるのも特徴だった。このアメリカ生まれのPalmPilotは世界的なヒット作となり、キーボードのついたTタイプなど、いろいろなバリエーションを生み出したが、やがて、不人気となり、世界的にビジネス規模を縮小した。このときのライバルがスマートフォンだ。PDAと同様な個人情報管理機能を持ち、さらにどこでも使える通信機能を持つスマートフォンは、ビジネスマンにとってPDAよりも魅力的だったのだ。その後、Palm社はPalmOSを搭載した「Treo」というスマートフォンを発売し、ビジネス的には巻き返した。Treoはまさに携帯電話機能とデータ通信機能を搭載したPalmPilotだ。これは個人情報の管理デバイスがPDAからスマートフォンへと動いたことを明確に示す1つの事件だと言えるだろう。世界的にPDAマーケットは縮小し、スマートフォンマーケットが拡大している。極端に言えば、PDAに通話・通信機能を標準で搭載したものがスマートフォンだと言えなくもない。インターネットの普及した現在、標準で通信機能を持たない情報管理デバイスは、現実に役に立たないのだ。
ハリウッド映画製作の裏側
記録的寒波。辛いモノで内から打ち勝て
3Dゲームマシン
ヘタでいい、ヘタがいい〜絵手紙入門〜
ハイビジョンで迫力の映像を楽しもう
紅葉と癒しの高級旅館
最高級から超個性派まで!床屋大集合
疲労回復アンプルに挑戦!ニンニク注射
蜂蜜酒にバラの酒 これからの酒は“甘い”
パワーストーンで願望成就!
グッドなデザイン、集めてみました
IKEAが日本進出!
和の粋「火鉢」を楽しもう
確定申告の基本
パリ・メンズファッションレポート
あの老舗の“あんぱん”が食べたい!

ノキアも力を入れる
スマートフォン

日本国内でも有名な世界的な携帯電話メーカーに「ノキア」がある。このノキアは欧米向けには実に多くのスマートフォンを発売している。たとえば「9500Communicator」(価格は欧米で10万円程度)は開くと640×200ドットのカラー液晶(6万5536色)とフルキーボードが顔を出す。BlueToothや無線LAN機能も搭載し、MSワード、エクセル、パワーポイントライクなソフトを搭載し、出先でそれらの編集作業をすることができる。PDA機能も搭載し、PCとデータのシンクロ(同期)が可能だ。音楽プレイヤー機能も搭載し、: AMR, WAV, MIDI, AAC, MP3、AWB形式のミュージックファイルが再生できる。また、VGA(640×480ドット)解像度のデジカメ機能を搭載し、ムービーを撮影することができる。6800シリーズは、普通の携帯電話に見せて、バタフライのようにボディが開き、液晶ディスプレイをはさんで左右にキーボードが配置されるモデル。左右の手で楽にタイプすることができる。このような本格的なキーボードを持つエッジの効いたスマートフォンに対し、フルキーボードを持つわけではないがビジネスソフトのファイルが読めたり、PDA的な機能は持っていたりするライトなモデルもある。ソフトバンク(旧名:ボーダーフォン)が日本国内で発売している702NKIIなどがこれにあたる。このモデルはNOKIA6680を日本向けにローカライズしたモデルだ。
ノキア