日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉を散歩するならさんぽす

スマートフォンはどう凄い?

国内と海外の
携帯電話の方向性の違い

日本国内ではほとんどの人が携帯電話を持っているほど普及が進んでいるが、携帯電話の機能は発売当初から比べると多くの進化を遂げている。当初、通話だけでしか使われなかった携帯電話はやがて、電子メールが使えるようになり、Webが見られるようになり、音楽が聞けるようになったり、ワンセグチューナーを搭載したりして、クリアな映像でTVを見られるようにもなった。携帯電話は実に多くの機能を取り込んで進化しているが、日本の携帯電話はエンターテイメント機能の進化が主で、ビジネス用途にあまり主眼を置いていないに見える。これに対して、欧米ではビジネス用途の機能を強化した機種がいくつも存在し、それらはジャンルとして「スマートフォン」と呼ばれている。スマートフォンと名乗るのにどんな機能が必要かが明確に定義されているわけではないが、アドレス帳機能、スケジュール機能などのPDA的な機能は通常、搭載されており、機種によってはワープロや表計算ソフト機能などが搭載されたり、フルキーボードが搭載されるなどして、超小型のノートPCのように使えるものもある。ノートPCやPDAとの最大の違いは携帯電話の通信インフラを生かし、いつでもどこでもデータ通信ができることだろう。昨年末に登場したウィルコムのスマートフォン「W-ZERO3」は国内のスマートフォン初のヒット作となり、スマートフォンに注目が集まるようになってきている。

ウィルコム
鎌倉を散歩するならさんぽす

アクアテラリウムを楽しもう。
魅惑のタイランド!見どころはココだ!
おしゃれな照明効果でモテモテに!?
B級グルメ探訪〜地方編
女性は手づくりでイチコロ!フラワーアレンジメント
運転手は車だ 未来の車は事故らない?
2006年・花火大会鑑賞プラン
宇宙に値段をつける宇宙ビジネス
時には贅沢を!フォアグラの楽しみ方
新たな時代の男のキッチン
今こそ侍 SAMURAI!
ダッチオーブンで七面鳥を焼く
自宅でそろえる高級健康器具
コートドール実食レポート
自然にやさしく強くて軽いダンボール家具
スパで大人のリラクゼーションを満喫する
Palm社

スマートフォンの登場が
PDAの存在意義を霞ませた

数年前、Palm社のPalmPilotというPDAが世界的に流行したことがあった。これはアドレス帳、スケジュール機能、メモ機能などを機能を持ち、独自の手書きでの入力と少ないボタン操作で使える独特の操作体系を持つものだった。また、PCとデータが手軽にシンクロ(同期)できるのも特徴だった。このアメリカ生まれのPalmPilotは世界的なヒット作となり、キーボードのついたTタイプなど、いろいろなバリエーションを生み出したが、やがて、不人気となり、世界的にビジネス規模を縮小した。このときのライバルがスマートフォンだ。PDAと同様な個人情報管理機能を持ち、さらにどこでも使える通信機能を持つスマートフォンは、ビジネスマンにとってPDAよりも魅力的だったのだ。その後、Palm社はPalmOSを搭載した「Treo」というスマートフォンを発売し、ビジネス的には巻き返した。Treoはまさに携帯電話機能とデータ通信機能を搭載したPalmPilotだ。これは個人情報の管理デバイスがPDAからスマートフォンへと動いたことを明確に示す1つの事件だと言えるだろう。世界的にPDAマーケットは縮小し、スマートフォンマーケットが拡大している。極端に言えば、PDAに通話・通信機能を標準で搭載したものがスマートフォンだと言えなくもない。インターネットの普及した現在、標準で通信機能を持たない情報管理デバイスは、現実に役に立たないのだ。
ギターキッズたち永遠のあこがれ フェンダー
金の魔力にせまる!
VEXzodiaでゴルフクラブをオーダー!
ロボットで遊ぼう 〜ホビーロボット〜
ママの味?シェフの味?イマドキのカップケーキ事情
リニアモーターカーに乗ってみた
最後のこだわり?オリジナルなお墓 
古今東西・ソファーいろいろ
かっぱ橋道具街周辺そぞろ歩き♪
色才兼備の時計「クロード・メイラン」
落ちにくいメイク〜Eye Make
スカンジナビアの優れたデザイン達
浜松町で鉄板焼きを手軽に喰らう-粉八-
2007年 カウントダウン・レポートfromパリ
文豪の愛した食事
幻の沖縄豚「アグー」

ノキアも力を入れる
スマートフォン

日本国内でも有名な世界的な携帯電話メーカーに「ノキア」がある。このノキアは欧米向けには実に多くのスマートフォンを発売している。たとえば「9500Communicator」(価格は欧米で10万円程度)は開くと640×200ドットのカラー液晶(6万5536色)とフルキーボードが顔を出す。BlueToothや無線LAN機能も搭載し、MSワード、エクセル、パワーポイントライクなソフトを搭載し、出先でそれらの編集作業をすることができる。PDA機能も搭載し、PCとデータのシンクロ(同期)が可能だ。音楽プレイヤー機能も搭載し、: AMR, WAV, MIDI, AAC, MP3、AWB形式のミュージックファイルが再生できる。また、VGA(640×480ドット)解像度のデジカメ機能を搭載し、ムービーを撮影することができる。6800シリーズは、普通の携帯電話に見せて、バタフライのようにボディが開き、液晶ディスプレイをはさんで左右にキーボードが配置されるモデル。左右の手で楽にタイプすることができる。このような本格的なキーボードを持つエッジの効いたスマートフォンに対し、フルキーボードを持つわけではないがビジネスソフトのファイルが読めたり、PDA的な機能は持っていたりするライトなモデルもある。ソフトバンク(旧名:ボーダーフォン)が日本国内で発売している702NKIIなどがこれにあたる。このモデルはNOKIA6680を日本向けにローカライズしたモデルだ。
ノキア