日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草を散歩するならさんぽす

紅茶の楽しみ方

紅茶の入れかた

 いい紅茶を手に入れてもきちんと入れなければ台無しです。まず、ポットは温めます。そして茶葉の量は正確に、量りかティースプーンできっちりと量ります。準備ができたら、水は水道水でいいので新鮮な物を使いましょう。沸騰させたお湯は一気に注ぐことで茶葉がジャンピングします。蒸らす時間も大切。タイマーか砂時計を用意して正確に計りましょう。しっかり抽出することが大切です。ティーコゼで冷めないようにすると良いでしょう。蒸らし終わったらスプーンで軽く中を混ぜ、濃さを一定にします。そうしたら、いよいよティーカップへ。茶漉しは目の細かいものをお奨めします。茶葉が漏れてしまってはせっかくの紅茶も、美しさが半減です。二重網の茶漉しでしたら安心です。

 一般的に、1杯だけ淹れるよりは何倍か淹れた方がおいしい紅茶になると言われています。ミルクティーの場合は濃い目に淹れるなどの工夫をしましょう。また、上質な紅茶ならば、2杯目もおいしいもの。茶葉は捨てずに、もう1杯楽しむのがお奨めです。茶葉の入ったポットにお湯を淹れたままにしておくとどんどん濃くなってしまうので、できれば注ぎきってしまいましょう。ただ、短時間で飲むのであれば、最初と最後で濃さの違う紅茶を楽しむのも一つの手です。自分の好みの濃さを知るのも、醍醐味と言えるでしょう。
浅草を散歩するならさんぽす

プロの淹れた紅茶を飲む

 本当に美味しい紅茶を自宅でいれるには、それなりの道具も時間もかかります。そこまでしなくても、という方、プロの淹れた物をまずは飲みたいという方は、マリアージュフレールがお奨めです。1冊の本になってしまうほどたくさんの種類の紅茶、そして紅茶に合うお菓子があなたを待っています。

 ただ、初心者は逆に、種類が多いと何を頼んだら良いのか分からないかもしれません。そんな方のためにアドバイス。このお店で人気が高いのはフレーバーティ。その中でも1番人気はマルコポーロです。果実と花の香りが上品に香る、ここならではの味、また、アイスティーにするなら、エロスがお奨め。ハイビスカスとモーブを使用した紅茶です。温かい紅茶はポットで、アイスは大きなグラスで、いずれもかなりたっぷりありますから、のんびりできますよ!また、「渋みの少ないものを」「あっさりしたものを」「香り豊かなものを」といったオーダーでも対応してもらえます。

 こちらではランチやちょっとしたお茶菓子を楽しむこともできます。お奨めは好きな焼き菓子2種類が選べる焼き菓子セット1300円。スコーンをチョイスして、注文の際には紅茶のジャムを添えてもらいましょう。2種類の紅茶ジャムとバターは、スコーンとの相性抜群です!

 彼女との銀ブラデートにも、紅茶の勉強にもお奨めのマリアージュフレール。まずはここから、本格的な紅茶への一歩を踏み出してみませんか?
マリアージュフレール