日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都デートスポット

白クマ・ウォッチング〜カナダ チャーチルの旅

マニトバ州最北端の町チャーチルとは?

チャーチルは、カナダマニトバ州の北部、ハドソン湾に面した人口約1000人の小さな町で、毎年10月から11月のわずかに間に、人口とほぼ同じ数のシロクマがやってくる町として、世界に知られています。この季節になると、この町はシロクマ目的の観光客であふれ、活気付きます。

それでは、なぜ、こんなにたくさんのシロクマが集まってくるのでしょうか?カナダ内陸部は、夏を過ぎると、シロクマの食料が極端に減るため、クマたちはアザラシを求めて、海の方へやってきます。しかし、海が凍らなければ、狩に出ることはできないので、このチャーチル周辺のハドソン湾で、海が凍るのを待つのです。そのため、クマが到着した10月から海が凍るまでの11月までのわずかな期間だけ、ここで大量のシロクマを見ることができるのです。

この時期に、チャーチルを訪れる観光客は、年々増え、近年では、人口の約10倍以上がやって来ます。宿泊施設は、ホテルや、モーテル、B&Bなどが約20軒。シロクマのシーズンにはかなり込み合うので、半年以上前から予約をした方が良いでしょう。

ここでは、チャーチルへの行き方と、シロクマたちを間近で見ることができるツアーをいくつかご紹介しますので、行く予定の人はチェックしてみてくださいね。
シロクマ
京都デートスポット

世界遺産アユタヤ
パリ・メンズファッションレポート
パパ!忍者になるっ。
アートとしての「磁性流体」
インドネシア/スリランカ、教育里親支援
大人のホビー「高級ラジコン」
世界が誇る「RECARO」の魅力
ワインだけじゃない!色々ソムリエ資格
岩盤浴でデトックス
マクロビオティック…健康で長生きしたい人に
B級グルメ探訪〜地方編
カップルで行く大阪ベイエリア
食事も兼ねた、美術館巡りはいかが?
アメリカのエコライフとは?
ボートハウスで愛車と生きる
自然にやさしく強くて軽いダンボール家具
オーロラ

交通手段は、飛行機OR鉄道?

空路:
日本から行くには、まずはカナダ・バンクーバーに飛びます。そこから、飛行機を乗り継いで、ウィニぺグへ。さらに、空路で2時間半。やっとチャーチル空港に到着です。日本⇔バンクーバー間で直行便を利用しても、到着までに約15時間。乗継がうまくいかなければ、20時間ぐらいかかります。また、天候によって、飛行時間が長くなったり、飛行機が飛ばなかったりするので、そんな時のことも考えて、バンクーバーやウィニペグで宿泊し、時間に余裕を持たせると良いでしょう。一般的にツアーに参加した場合、ウィニペグで1泊します。

鉄道:
ウィニペグからは、列車でも行くことができます。週に3本運行されている寝台列車で、12月から3月ぐらいまでは、列車からオーロラを見ることができるので、「オーロラ列車」とも、呼ばれています。夜、ウィニペグを出発するので、それまで、町を観光することもできます。所要時間は、約34時間。車中に2泊することになります。風景がとても綺麗なので、時間に余裕のある人には、おススメの交通手段です。
スピードマスターが好き
ドイツ生まれのスタイリッシュ日用品-コジオール(koziol)
ニューヨーカーに人気のレストラン
「いまどきラジオのススメ」
富裕層向け金融商品
エコはかっこいい 〜ふろしき〜
手首のオシャレを楽しんでみよう
2007年 カウントダウン・レポートfromパリ
ドライビングシューズを履きこなそう!
Xマス直前。究極の過ごし方を提案!
そうだ、宇宙に行こう!
エベレストっておいくら?
伊豆・河津温泉「抹茶風呂の宿つりばし荘」
アナタの「口内環境」を見直そう!!
悪化する治安から身を守れ!防犯対策
今はクルーザーがモテる時代!

チャーチル・シロクマ・ツアー

まず1つ目は、カナダ旅行専門店カナディアンネットワークから、「チャーチル・シロクマ・ツアー7日間」というツアーをご紹介。

スケジュール:(モデルプラン)
1日目:成田発バンクーバー乗継でウィニペグへ。この日は、ウィニペグ泊。
2日目:空路でチャーチルへ。チャーチル泊(4日目まで)。
3日目・4日目:ツンドラバギーで「シロクマ・ウォッチング」へ。
5日目:ウィニペグへ。ウィニペグ泊。
6日目:バンクーバー乗継で成田へ。
7日目:成田着。

バギーツアーでは、無線でシロクマの出現地域を確認しながら、ツンドラの原野をシロクマ目指して進むので、オン・シーズン中は、ほぼ確実にシロクマに遭遇することができます。

チャーチルでの宿泊は、町の中心部に位置するツンドラ・インを利用します。近くにギフトショップなどもあるので、とても便利です。

これは、あくまでもモデルプランなので、日程などは自由に設定できますし、ウィニペグからの交通手段は飛行機ではなく、鉄道へのアレンジも可能です。また、カナダの他の都市などとの組み合わせもできます。
カナダ旅行専門店カナディアンネットワーク