日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草を散歩するならさんぽす

大人のための社会科見学のススメ

花王

自分の仕事にも活かせる情報を得る
本当の意味の「社会科見学」

 月のマークでおなじみの「花王」でも、山形県・酒田工場、栃木県・栃木工場、茨城県・鹿島工場、東京都・東京工場、神奈川県・川崎工場、愛知県・豊橋工場、和歌山県・和歌山工場、愛媛県・愛媛サニタリープロダクツ工場などの各工場で、広く一般のための工場見学を実施しています。

 中でも「すみだ事業場」は、花王116年の歴史に関する展示物が満載の小博物館もあり、まさに必見の価値ありの見学スポット。ファンデーションの製造工程、美容センターの見学と女性にとって嬉しい情報もめじろおしです。「よきモノづくり」、「品質保証活動」を支援するシステムとして、1978年(昭和53年)から導入されている「花王エコーシステム」は、消費者とのコミュニケーションを図るシステムとしては国内でも最新。寄せられた多くの消費者の声を花王全セクションが活用し、商品開発などの幅広い企業活動に利用するための相談情報解析機能は、それを知ることで、たとえ他ジャンルの仕事だろうが、きっと役立つことうけあいです。概況説明約10分、ビデオ14分、さらに事業場見学50分という1時間と少しくらいの見学内容で、いろいろな情報、知識を得ることができます。

 小学生のころの「社会科見学」とは、社会で働く人たちの様子や、機械の働きを知ることで、学校や教科書では学ぶことのできない知識を得ることが最大の目的でした。それは大人になってからでもかわりありません。「花王」の工場見学は、そんな本当の意味の社会科見学が楽しめるのではないでしょうか。
浅草を散歩するならさんぽす

あなたの好奇心を満たすような
工場見学場所を発見してみましょう!

 先にも書いたように、日本全国には、まだまだ工場見学や社会科見学ができる場所が数多くあります。各企業のホームページを開いてみれば、意外にも実施している会社が多いことに驚くはず。そこには、書物やテレビなどの情報では得ることができない生の新鮮情報が、たっぷりと詰まっています。

 たとえば、「ほんだし」、「Cook Do」など調味料でおなじみの「味の素」の工場見学に参加すれば、今まで知らなかった調味料の秘密に出会うことができるかもしれません。たとえば「日産」の工場見学に参加すれば、まるで巨大なプラモデルでも組み立てるかのようにできあがっていく自動車製造ラインを目の当たりにすることで、かのゴーン氏が果たした日産再生の謎を垣間見ることができるかもしれません。ほかにも、あなたの好奇心をたっぷりと満たしてくれるような見学スポットが日本全国には数多くあるはずです。

 前もっての予約が必要ですから、なにもない休日、ふっと思い立って出かけるというわけにはいきません。が、中には、数日前の予約でOKのスポットもあります。大人だからこそ、知りたい情報、得たい知識はあります。大人だからこそ、存分に楽しむことができる見学もあります。ひと味違う余暇の過ごし方のひとつに、ぜひ、一度「社会科見学」を試してみてはいかがでしょう。もしかしたら、今後、すっかりハマって、日本全国の工場を訪ね歩くような人も生まれるかもしれません……?
日産