日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都を散歩するならさんぽす

イタリアの高級別荘地 コモ

イタリアの高級別荘地”コモ”を聞いたことがありますか?

ミラノから50kmにある高級別荘地のコモという地名を聞いたことがありますか?コモは、欧州きっての避暑地で、湖水の両岸には、欧州各国の王室、富豪や芸術家等の豪奢な別荘が立ち並び、世界中のお金持ちでいて上品さを好む人がとても好む別荘地なんです。

そもそも、コモは、古くはシーザー(ローマの将軍ユリウス・カエサルの英語読み)、アウグストゥスというローマ皇帝、文豪では、ゲーテ、スタンダール、ヘミングウェイたちから保養に訪れたと言われる場所であります。1837年、リスト(作曲家)とマリー・ダグー伯爵夫人はイタリア北部、コモ湖畔に旅立ち、この年に生まれた次女コジマはコモ湖にちなんで名づけられたというエピソードも・・・。コモ湖の周囲は断崖絶壁で、有名なイタリアの独裁者“ムッソリーニ”が、その別荘でレジスタンスに処刑されたのもこの地であったといわれています。

今日では、ジョージ・クルーニーがコモ湖に別荘を3つ所有、ソフィア・ローレン(女優)も住んでおり、F1ドライバーのミハエル・シューマッハは、数年前になんと、約28億円で別荘を購入したとの報道もありました。日本では知名度の低いコモですが、実は本当にすごい高級別荘地なんです。
コモ
京都を散歩するならさんぽす

今年こそ! 大人のクリスマス
体験!発見!ジビエ料理の世界
とっておきの高級ステーキが食べたい!
ゴールデンウィークの過ごし方
MBA取得で、目指せ一流ビジネスマン!
彼女とぶらり小旅行 上高地・立山の旅
大人のホビー「高級ラジコン」
男一匹、観劇する
危険いっぱいの魅惑の世界へ 冬山登山 
驚きのアイテム勢揃い USBを楽しめ!
究極のエコレジャー・シーカヤック
ケースに凝る!マイ・ケース探訪
爽快!自分の車でサーキット体験
将来のための別荘探し
ルーブル美術館は楽しい!
留学・駐在・起業…「大連」の魅力とは
コモ

じゃ、別荘が脇に立ち並ぶコモ湖ってどんなところ?

コモ湖は、イタリアで3番目に大きい淡水湖。コモ湖の面積は146平方km、水面の標高 199m、最大水深はヨーロッパ最深で410m。ちなみに、 一番大きい湖は、ヴェローナにあるガルダ湖で、これはヨーロッパ最大の淡水湖です。 コモ湖の形は漢字の”人”を縦長にした感じになります。

湖には遊覧船があり、10ユーロほどでコモ湖の南部を30分ほど回ってくれます。小型飛行場なんかもあって、コモ湖上空を飛行観光する事も可能です。湖畔には、ヨットハーバーがあるので、ここでヨットを所有するお金持ちも少なくありません。

朝のコモの空気と景色は時間ごとに違い、特に夕焼けともなればクライマックスとなります。夜はひっそりしているので、反対に自然を楽しむことに専念できることに気がつかされます。

週末ともなれば、湖畔で行われるフリーマーケットは、特産のシルク物をはじめとし、アクセサリー、人形、石鹸、きれいなロウソク、民族的な置物(主にアフリカ系)、などが並んでいます。特にシルクの産地だけあり、上質でデザイン性の高いスカーフやショールが市価の半額以下で手に入るので、おみやげ品にとシルク製品も見逃せません。
焼鳥屋で幻の一品? 白レバーを食す
ネイルサロンに行ってみよう!
髪の毛から醤油?! つくってみた
スローに、ハードに水と戯れる カヤック
休みができたらプライベートリゾートへ
一杯1500円のうどんを食べてみた
食うか食われるか クマと戦う
“ネイルタトゥー”体験レポート
一般人だって、歯は命!
ノスタルジックな味わい〜ハンガリー料理
エベレストっておいくら?
ビルウォールレザーのシルバー、レザー
スマートフォンはどう凄い?
あの人を呼びたい!講演依頼のHOW TO術
野点で味わうジャパネスク
温泉情緒を満喫〜四万温泉

コモといえばやっぱりエステ邸

16世紀にコモの枢機卿ガリオの館として建てたエステ邸宅。その後エステ家の館となり、1815年、館は英国皇太子妃キャロラインの住む離宮となり、妃のたっての願いで「ヴィッラ・デステ」と改名され、1873年ホテルとしてオープンし、現在もそれがホテル名とされています。ここは、コモ湖にあるイタリアきっての超有名なホテルで、美しいイタリア式庭園が有名です。もちろん今でもいつも大金持ちが泊まっています。ちょっとびっくりなのが、水上飛行機でチェックインするゲストもいるそうです。

ヴィッラ・デステ開業100周年の際、屋内プール、ジム、レストランから成る新しい試みの新館をつくりました。新館のビューティー・ファームは、日本の禅をイメージしたもので、とてもリラックスできる空間となっています。もちろん、エステ、ゴルフだけでなく、400人入るレセプション・ルームや会議室も完備されていますので、本当に勝ち組のためにあるホテルだともいえます。

お泊り以外の方は、ちょっとお洒落をしてランチ(要予約)の後に庭園を見学してはいかがですか?もしくはテラスお茶だけを飲むことも出来るので、湖水を見ながらお茶を楽しみ、王侯貴族の気分を味わう事もまた趣があります。
ヴィッラ・デステ