日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草デートスポット

イタリアの高級別荘地 コモ

コモの街角もシックです。

コモ湖畔の街角もとてもシックです。コモはゆかりある町なので、歴史的建物であるドゥオーモや城壁があり、街並みはとてもクラシックなヨーロッパの雰囲気に包まれています。スイスから10kmほどと近いので、イタリア的だけでなく、スイスやドイツ的な雰囲気もありとてもかわいい町並みです。

コモの旧市街にあるドゥオーモは、ロンバルギア様式とルネッサンス様式を調和させた建物で彫刻が施された壁面が非常に美しく、数百年の工事によって完成したドォーモ寺院(1396−1740)は街の中でも 最も目立つ建物であります。寺院の正面は1455年に完成され、円蓋は巨匠ユヴェーラの設計によって建設されました。ファサードの大分と 側面の玄関の装飾は、ロダーリ兄弟による15〜16世紀の作品です。

多くのヨーロッパ各地から来る人たちのように、町の中にあるカフェやレストランのテラスで太陽の光を浴びながらサングラスをかけて楽しみたいですね!それとも歩きながらのジェラートでも食べますか?
コモは小さな町ですが、ブランドショップのフルラやマックス・マーラなんかがあったり、ちょっとしたブティックのショウ・ウインドウがCoolで、ちょっと散歩するにも、とっても楽しいんです。
浅草デートスポット

コモへは夏が一番!

都会の喧騒から離れ、ヨーロッパの空気を味わえ、名のある人たちが考えごとをするのにも使われていたコモは、勝ち組のあらゆるストレス解消と新しいアイデアを生むのにうってつけの場所ということがこれでよくお分かりになりましたよね。

コモのカフェやレストランのテラスでお食事、森林浴のなかで日光浴、ボート、ヨット、エステ、すぐお隣であるスイス・アルプスへの旅・・・。くつろぎとともに、反対に読書にふけったり、ジョギングもストレス解消にもなったりします。

出来ればコモへはやはり夏か、少なくとも春や秋がおすすめです。というのも、ヨーロッパの冬は、日は短く、単に寒いので、やはり日照時間の長いときとは満喫度が違うからです。

コモへ行くには、ミラノ・マルペンサ空港から高速バスで50分ほどと意外と近く、実際行ってみれば、とても便利な場所に位置しています。ミラノ市内からも電車で30分強と、コモによるのもお気軽に行けます。日本からミラノまでは飛行機の旅12時間。仕事でお疲れの勝ち組は、コモで最大限に充電できるよう湖畔のホテルを予約し、思う存分リフレッシュしてくださいね!



関連リンク:ホテル予約サイト
ホテル予約サイト