日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都デートスポット

ミラコラーレ/「車オタクの総合デパート」を目指して

ミラコラーレで憧れの外車をゲット
人気ラテン車販売店の秘密とは?

 大人の男を語るアイテム、その1つとして欠かせないのが“外車”だろう。しかし、売り込むことだけを考え、利益のみ追求する自動車販売店が多いのが現状だ。そうした中で“ミラコラーレ”は、お客様の立場になって販売をする利用しやすいお店となっている。高額な買い物だからこそ、慎重になって選びたいのがお客の心理。よい車はそうしたお店に売られているのだ。

“ミラコラーレ”が取り扱う車は、マセラティやフェラーリ、アルファロメオといったラテン車が中心となっている。また、ホイールやマフラーなどのパーツ、書籍やフィギュアといった関連グッズもたいへん充実している。ここに来れば、車に関することはすべて事足りる“車オタクの総合デパート”になっているのだ。よほどサービスが気に入っているのか、毎週末になると、車を購入した方がその乗り心地や走り具合を嬉しそうに話に寄ってくれるのだとか。

 ラテン車というと、見た目は美しいが繊細で故障しやすい、というネガティブな先入観があるかもしれない。しかし“ミラコラーレ”では、納車前点検に力を入れ車の状態を完璧にして納車してくれるから安心だ。購入後も丁寧にメンテナンスを引き受けてくれるので、新車かと思えるほど優良な状態で納車してくれるのだ。オープンしてからまだわずか1年しか経たないにもかかわらずリピーターが多いのはそれが理由だ。既にもう3台も購入したお客様もいるほど。顧客とのコミュニケーションと徹底した接客、そして新車同様に仕上げてくれる点検整備が人気の秘密に違いない。
株式会社ミラコラーレ
京都デートスポット

男の下着
五・七・五は魂のリズム!
ヨーロッパの古城を持つ!
バレンタインに大人のための生チョコは如何?
魅惑の泉、チョコレートファウンテン♪
大人のホビー「高級ラジコン」
いざ!UMA発見の旅へ!
どもりと向き合おう
今、ゴルフのできる女性がアツイ!
オリンピック観戦ついでのイタリア
お家で冬のほっこりデート!
デキる男の姓名判断活用法
3Dゲームマシン
世界遺産に触れよう!
魅惑のラオス。ルアンパバーンぶらり旅
Xマス直前。究極の過ごし方を提案!
株式会社ミラコラーレ

起業を決意したきっかけ
自分が乗りたい車を届けたい

 既存の自動車販売店とは一線を画す“ミラコラーレ”。このお店をオープンするに当たってはさまざまな葛藤もあったそうだ。

「某大手老舗イタ車ディーラーの経営再建を依頼され社長になったのが、車のビジネスに関わった最初でした。経営の再建はできたのですが、車を売れば売るほど違和感が出てきたんです。車って売ったらお終いでは無いんです。特にイタ車の場合買って頂いた後が重要なんです。メンテナンスしかり、楽しみ方しかり・・・
本来車を通じて一生のお付き合をしていかなくてはいけないのが、ディーラではとにかく沢山の車を売ることが全てですので、お客様との関係もその場だけで終わってしまう事も多かったんですね。事実営業マンもカタログに記載されていることと価格の話しか出来ない人間が多いですし。」と当時を野田憲隆代表取締役は振り返る。こうしたジレンマをきっかけとし、同氏は“ミラコラーレ”を起業する決意をしたのだという。

「当社の一番の特長は買って頂いた方にいかに気持ちよくカーライフを楽しんで頂くか、に主眼をおいて運営しています。販売する車の程度が良いのは当たり前のことで、なんでこんな程度の良い車があるのと言われますが、それはお店を運営する上で当然の事だと思っています。それ以上に、買って頂いた後の遊びを如何に提供できるかが難しいですね。まず最初に始めたのが、マセラティのアフターパーツが無いとの声にお応えして、オリジナルでアルミホイール、マフラー、サスペンションkit等の開発を始めたんですが、これは自分が欲しいけど、売ってないから作ってしまえというのも多分にあります。そんなスタンスに理解頂いたお客様達に支えられて運営していますが、本当に皆さん遊びに来てくれます。普通車屋って買う時と壊れた時しか行かないですよね。当社の場合必ず誰かが遊びに来ています。そこで愛車のモディファイの話から、仕事の事まで色んな話をしていかれます。自他共に認める変態ショップかもしれません。事実お客様も他のお店では満足できない方が多いのですが。ディーラでは中々出来なかった事が実現でき、今では、その頃の夢が叶っています。」

 こうした代表の“本当によい車を届けたい”というこだわりが、ユーザーのニーズとマッチし、全国から数多くの反響を呼ぶ企業へと成長した要因のようだ。

「お客様が口コミで弊社を紹介してくださるんですよ。北は北海道から南は九州まで、本当に日本全国から来店頂いています。そんな方たちの熱い気持ちをキチンと受け止め、夢を壊さないようにするのが一番重要な事だと思っています。帰られるときにお客様の満足した顔を見られるときこそ、この仕事をしていてよかったなと思える瞬間です」

 これまでディーラーには厳かなイメージがあって入りにくかった、という人も多かったのではないだろうか。しかし“ミラコラーレ”なら、野田氏をはじめスタッフ全員が丁寧に対応してくれること間違いないので、気兼ねなく来店してみるとよいだろう。
ドイツ生まれのスタイリッシュ日用品-コジオール(koziol)
在住者が提案する地元密着デート
男性こそ!ヘッドスパを体験!
セキュリティで愛車を魔の手から守る!
快眠追求の極意とは?
彼女とぶらり小旅行 上高地・立山の旅
「スノーボードクロス」にチャレンジ!
ハワイアン・スタイルのプリスクール
ゴールデンウィークの過ごし方
スマイルハートを全世界に!
基礎代謝アップで寝ているだけで減量!?
アンティーク着物、あなたはどう着る?
疲労回復アンプルに挑戦!ニンニク注射
黒いトマトから究極のトマトまで〜フルーツトマトの世界
オーロラを見にいく
高級携帯電話でオシャレに決めろ

車も個性が重要視される傾向に
見た目で判断しないオープンな接客

 ユーザーが好む車も、年を追うごとに変化があるのだという。菅家久史取締役営業部長によれば「最近では、単に性能だけにこだわるのではなく、少し高価でもあまり人が乗っていないような個性的な車を選んで購入される方が増えてきました。マセラティなんかは凄い人気のある車です。特にフェラーリの傘下に入ってからは品質も向上し、故障などのネガティブな面が無くなったのが人気の要因かもしれません。今最もお勧めしたいのはクアトロポルテ。フェラーリの430と同じエンジンを搭載しています。見た目はセダンですがエンジンを掛けたときの音は鳥肌が立ちます。トンネルを走っているとどこからフェラーリが来たの???と思わずキョロキョロしている人もいるくらいです。是非音だけでも聞きに来てください。車が好きな方なら絶対感動しますよ。最近はベンツなどからの乗り換えの方も増えています。ホテル、レストランなどでの対応も他の車とは全然違います。価格も新車で購入するよりかなりお買い得です。」とのこと。高級セダンを狙っているユーザーは要チェックだ。

菅家氏は、こうした情報を知らせると同時に、正直な販売を心がけたいのだという。高額な買い物だけに“悪いものを高く売っているのでは?”という不安をユーザーに持たせたくない。そこで同氏は、スペックを説明した上できちんと試乗してもらい、納得して購入できる接客を心がけているそうだ。
「ショップの中には傷つけられるのを嫌がって、試乗を拒む店もあるようです。しかし、それではお客様が購入したい車を知ってもらうことができません。当店では、そうしたリスクを背負っても、後悔しないよう必ず試乗していただくんです」

 また、菅家氏は、訪れたユーザーは全員平等に接するのだという。「以前、Tシャツにジーンズというラフな格好にお世辞にも綺麗とは言えないワゴン車に乗ってお客様が来店しました。後日談ですがお客様いわく服装など見た目で判断され、まともに相手にしてくれない店も多々あったそうです。せっかく車に興味を持ってくれた方を私達はそういう目で見たくないので、いつも以上に丁寧に接客しました。実はその方はとある企業の社長でした。私たちの思いが通じたのか、弊社を大変気に入ってくれて、車を購入してくださいましたよ。」

 誰に対しても公平でオープンな接客が、多くのユーザーに愛されている理由の1つになっていることは間違いないようだ。
株式会社ミラコラーレ