日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
江ノ島デートスポット

水筒でカフェを持ち歩こう

どこでもカフェ

実際に『どこでもカフェ』
をやってみよう

 それでは持ってきた水筒で実践です。カウンターで水筒を出してお願いすれば、目の前で注いでくれます。カフェ・デ・プレの場合は、レギュラーコーヒーのホットかアイスが選べます。お値段はポットの容量に応じて

  400cc以下     ・・・  500円
  400cc〜800cc未満  ・・・ 1000円
  800cc〜1200cc未満 ・・・ 1500円

となっています。お店で飲んだ場合、650円でコーヒーポット1杯=カップ2杯=240ccなので、相当なお値打ち価格です。メニューや値段は給茶スポットによって違いますが、どこもお得な価格設定ですよ。

 さらに、『どこでもカフェ』を利用すると、水筒などに貼って楽しめるマイボトルステッカーがもらえます。どれもオシャレなデザインなので、集めるのも楽しみのひとつになりそう。
江ノ島デートスポット

さあ、どんなところ
をカフェにしよう?

 水筒を一杯にしてもらったら、もう持ち歩くだけでそこはカフェ。どんなシチュエーションで一流の味を楽しみましょうか?

 まず思いつくのはオフィスでの息抜きですよね。グレードの高い味に、その後の仕事にもやる気が出そうです。同僚や気になる女の子と分ければ、コミュニケーションのきっかけにもなりそう。

 自宅で楽しむことも出来ますね。自分で淹れるのも美味しいですが、やっぱりプロの味にはかないません。くつろぎの時間がいっそう充実すること間違いなしです。

 平日だけでなく休日も『どこでもカフェ』してみましょう。お出かけ前に給茶スポットに立ち寄っておけば、外出先でちょっと休憩……というときに重宝します。それに公園などで自然の息吹を感じながら美味しいコーヒーを飲む、なんてちょっと贅沢だと思いませんか?

 この他にもいろいろな楽しみ方ができる『どこでもカフェ』。皆さんも、明日は水筒を持って出かけてみたらいかがでしょう?



取材協力
カフェ・デ・プレ 広尾
東京都港区南麻布5-1-27
TEL. 03-3448-0039