日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉デートスポット

ヴィンテージカー値上がりランキング

「本物」の持つステータス
珠玉のビンテージカー

 「勝ち組のステータス」としてまず思い浮かぶのが魅力的な車。しかし、ただ高いお金を出せば手に入る高級車では、今一歩面白味に欠けるのもまた事実です。その点、いわゆるヴィンテージカーは、値段もさる事ながら探す努力とメンテナンスの手間をかけて初めて手にする事の出来る「本物の逸品」と呼ぶ事ができるでしょう。今回は、深い魅力を湛える国産ヴィンテージカーの、販売当時価格からの値上がりランキングをご紹介します。

 それでは、ランキングに入る前にヴィンテージカーの定義について軽く触れておきましょう。そもそも「ヴィンテージ」とはラテン語で「葡萄の収穫」を意味し、それが転じて「優良な年代物」という意味になったと言われています。ちなみに、やはり車に冠される「クラシック」も元はラテン語で、「最上級の」→「由緒ある古典的な」という意味になっています。

 車における定義は様々なものがありますが、英国では1916年までのものをベテランカー(クラシックカー)、1917〜30年までのものがヴィンテージカーと分類されています。しかし実際には、生産が中止されたデッドストックに手を加えた希少車を総してヴィンテージカーと呼ぶ傾向にあるようです。要は「古き良き時代より人々に愛され続ける名車中の名車」というのが、ヴィンテージカーの称号を得るための資格と言う事ができるでしょう。
鎌倉デートスポット

男性美容・デキる男のリフレッシュ!午睡を満喫
雨が楽しい!そんな「傘」が欲しい!
男だからこそ、家庭菜園を楽しもう!
徹底分析〜「温泉たまご」とは何だ!
大人のための日帰りバスツアー!
田舎暮らし
目覚まし時計が、光る!香る!飛ぶ!
パワーストーンで願望成就!
うわさの“つくし飴”その正体は?
食欲増進にもいい人気の和風リキュール
ボジョレー・ヌーボーの解禁日−パリ
運転手は車だ 未来の車は事故らない?
幸せを呼ぶ!?イマドキの家計簿
ドイツが誇るスーツケースRIMOWA
クールに楽しめ! 大人のビリヤード
スバル360

歴史的な名車が登場
注目の4→3位

 それでは早速、4位と3位を発表しましょう。

★☆ 第4位 スバル「360」 ☆★
販売当時:42.5万円 → 現行価格:約90万円
 まずは、1958年に発売され、日本のモータリゼーション発展に大きく寄与した大衆車のエース、スバル360がランクイン。ワーゲンビートルとミニクーパーの魅力を合体させたような愛らしいフォルムは未だファンが多く、現在でも約90万円という価格が付けられています。当時の大卒初任給は1万2,000円程だった事を考えると、大衆車とは言えかなりの高級品。一般の歴史でも触れられる事の多いこの車の魅力は、永遠に語り継がれて行く事でしょう。

★☆ 第3位 トヨタ「S800」 ☆★
販売当時:60万円 → 現行価格:約150万円
 次にランクインしたのは、「ヨタハチ」の愛称でも親しまれる、トヨタの純国産スポーツカーS800。大衆車であるパブリカをベースとしながらも、戦闘機「震電」の技術者設計の空気力学をつきつめたボディを持ち、最高時速150km/hを誇りました。そのしなやかなフォルムは1967年の発売から40年近くを経た現在でも全く色褪せず、当時をリアルタイムで知らない世代にも新鮮で魅力的なものとして存在感をアピールしています。
悩みの口臭を根こそぎ消去! 
今年の夏こそ本気でサーフィン
めざせ「おしゃれパパ」スタイル!
賢い選び方はこれ!ペットフード
癒しのメイドin秋葉原
科学的自己分析入門
「走るリビング」高級キャンピングカー
南国・宮崎を旅する!
男の料理!カレー編
魅惑のラオス。ルアンパバーンぶらり旅
男性更年期、その傾向と対策
推理で謎を解決!名探偵になりきろう
この冬、めざせ北海道!
究極の酸素システム O2rich
男、箸にこだわる!
日本人なら畳の家!

文句無しのランクイン
堂々の2位→1位発表!

 さて、お待ちかね2位と1位の発表です!

★☆ 第2位 ホンダ「S800」 ☆★
販売当時:65万円 → 現行価格:約380万円
 なんと、奇しくも4位と3位で「S800」が並んでしまいました。トヨタの「ヨタハチ」に対してこちらは「エスハチ」の愛称で呼ばれています。1966年に発売され、国際レースで並いる強豪を破りホンダの名を世界に知らしめたSシリーズの最高峰となる車です。排気量は791ccながら70馬力というずば抜けたパワーを誇り、その流麗なフォルムとも相まって今なお強烈な支持を集め続ける名車となっています。

★☆ 第1位 トヨタ「2000GT」☆★
販売当時:238.5万円 → 現行価格:約2,300万円
 さあ、堂々の第一位には、まさに日本車史上最高と呼ぶに相応しい名車中の名車、トヨタ2000GTがランクイン。1967年の登場以来、世界中で絶大なる人気を集め、映画「007は二度死ぬ」に登場した事でも有名です。当時最高水準のDOHC直列6気筒1988ccエンジンを搭載し、量産の効率性を度外視してひたすら走行性能の向上が図られた、クラフトマンシップの粋である逸品です。そのため人気の割に生産台数も少なく、今なお外国産高級スポーツカーが新車で買えてしまう程の高値が付く結果となりました。
トヨタ2000GT