日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都デートスポット

運命の出会いを求めて〜パーソナルチェア〜

ゆとりの空間を作り出す
自分だけの椅子とは

 自宅で過ごす自分だけの時間。有意義に過ごすためには、それなりの空間を用意したい。空間の快適さを決める物のひとつに椅子がある。ゆったりと座って寛ぐことのできる椅子があれば、快適な時間を過ごすことができそうだ。座っているだけで、緊張して疲れてしまうような椅子では、快適に過ごすことができない。

 ゆったりと優雅な時間を演出する自分のための椅子。それが「パーソナルチェア」だ。自宅の自室に置いて、プライベートな時間を過ごすのもヨシ。書斎において、新しい発想の場として使うのも良い。オフィスに用意して、ビジネスシーンでもより快適な時間を作り出しても良いだろう。パーソナルチェアの使い方は人それぞれ、どんな形でも良い。自分の体にフィットし、自分の生活や希望にぴったりと合う、最高のパートナーとなるパーソナルチェアを探してみよう。
パーソナルチェア
京都デートスポット

ワンセグ放送を楽しめ
都心に広がる天空 セレスティンホテル
新時代の音 タイムドメインスピーカー
なんとも不思議な楽器 テルミンの音色
ビルウォールレザーのシルバー、レザー
いまこそ!オトナの予防接種のススメ
ヨーロッパの古城を持つ!
いざ!UMA発見の旅へ!
地球儀アドベンチャーにでかけよう!
日本が誇る眼鏡職人
相撲を楽しんだあとは“ちゃんこ”を満喫
モナコの楽しみ方
松茸に和牛!秋を食べ尽くす割烹旅館
キミは、ふんどしを締められるか!
街を、自然を、MTBで駆け抜けよう
MoMA

見た目重視? 外見重視?
好みのタイプを探し出そう

 パーソナルチェアとはどんな物なのか。はっきりした定義があるものではないので、その形や質感などは様々だ。たとえば、本革シートのゆったりとしたリクライニングチェアや、体をしっかりと支える機能的なチェアなど、要するに一人掛けの椅子のことをパーソナルチェアと呼ぶ。日本では、リクライニングタイプで、ヘッドレストやオットマンのついたハイバックチェアのことを表していることが多いようだ。

 このようなリクライニングタイプの物以外にも、個性的な形をした物もある。シートの柄に個性があるものや、その形自体が個性的なものもパーソナルチェアと呼ばれる。スタイリッシュなデザインは、座らずとも見ているだけでも楽しむことができる。チェアの緩やかなカーブやシートなどは、その存在だけでも室内の雰囲気を十分に作り出してくれる。是非とも自分好みの形を探し出し、寛ぎたい部屋に置いてみて欲しい。


関連リンク:MoMA


至高の酒・シャンパンを楽しむ
オーガニックで行こう!
めざせ「おしゃれパパ」スタイル!
自律移動ミュージックプレイヤーmiuro
日本上陸!外資系ラグジュアリーホテル
温暖化で幻となる日も近い?“天然氷”
フランス全国民が祝うパリ祭をレポート!
大人の科学 「大人のための科学キット」
大人だからこそ!絵本を読もう!
京町家で味わう和モダンの粋
自宅を映画館に!ホームシアターの世界
アートとしての青白磁、その美の魅力
男だからこそ、家庭菜園を楽しもう!
おしゃれ愛犬グッズで充実ドッグライフ
今が旬の女子フィギュアスケートに注目
和風クールビズ「手ぬぐい」が大人気!

プライベートタイムは
最高のパートナーと過ごす

 自宅でパーソナルチェアを使うならば、仕事が終わったあとの時間のリフレッシュになる。たとえば、お気に入りのお酒を片手に、大画面テレビとホームシアターの正面に腰掛ける。体は最高のパートナーであるパーソナルチェアに預け、視覚や聴覚、味覚は自分の大好きなものを感じることにだけ、向き合っていれば良い。たっぷりと充足の時間を過ごせば、また翌日もフレッシュな気分で仕事に向かうことができる。

 パーソナルチェア選びに重要なのは、自分にとって最高のパートナーとなれるかという点。欧米では、一生使いつづける例も少なくない。そのため、自分が愛着を持って使えるものを選ぶ必要がある。さらには、部屋全体の雰囲気と合わせることも重要。部屋の雰囲気がシンプルなのに、パーソナルチェアだけが妙にどっしりとしていても、なんとなく違和感があり落ち着かない部屋になってしまう。できれば、サイドテーブルなどとパーソナルチェアのフレームは同じ素材の物、似たような色のものを選びたい。統一感を持たせることで、落ち着いた雰囲気の部屋になり、愛着も湧きやすくなるというわけである。


関連リンク:プライムタイム