日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜デートスポット

社交ダンスでモテる男の術を学ぶ

塚本拓雄/郁子ペア

二人で踊るからこそ成し遂げる達成感
男性が女性をリードする競技

 ラテンダンサーとして幅広い活躍を遂げる塚本拓雄プロと塚本郁子プロがダンスを始めたきっかけは大学のダンス部での出会いだったという。その時からずっとパートナーを組み結婚に至るまでの仲となったのだから、まさに運命的な巡り合わせとも言えるだろう。

「大学の4年間でダンスをやり切った手ごたえはあったので、一度は就職してみたのですが……。ダンスへの情熱を忘れることができず、結局仕事を退職し、アマチュアの世界に入ってプロを目指すようになりました」と塚本プロは当時のことを懐かしそうに話す。

 しかし、一職業としてダンスを続けることに対しては不安もあったという。「親はやはり反対しましたよ。自分としても身長の低さや幼少の頃からダンスをやっていない、ということに対してコンプレックスがありましたから。でも『ただ踊りたい』という熱い気持ちがこの世界に戻してくれる起爆剤になったんです」(塚本氏)。

 まさにラテンダンスに象徴されるかのようなメラメラと燃え上がる想いが彼らをこの世界へと再び導いてくれたのだろう。

 女性と密着して踊るということに対して男性として抵抗はなかったのだろうか。「最初はドキドキしましたよ。でも音楽さえあれば照れることなく表情を作って踊れるものなんです。また、試合に出場して踊りを褒められたりすると自信がついてくるので、恥じらいなんて吹っ切れますよね」と塚本プロは言う。

 また、うまく踊り切った時の達成感や試合で勝利した時の喜びを二人で分かち合えることが、ソロダンスには無い魅力だという。「観客に感動を与えるために演じているのに、いざ大会に出て拍手をもらうとこっちが感動をもらっていることに気付くんです。あのゾワゾワとする高揚感は忘れられませんね」(塚本氏)。

 社交ダンスは男女の役割がハッキリと分かれているスポーツだと郁子プロは話す。

「男性が女性をたしなむ形で意思表示をしてあげないと、うまくは踊れません。ダンスは男性が女性をリードする術を学べる紳士的なスポーツなんですよ」とのこと。確かに女性をたしなむテクニックを学べるスポーツは他に例を見ない。どうやらイメージとは違い、社交ダンスとはとても男性的なスポーツのようだ。

所属:ダンススクールヤマナカ(名古屋)
TEL:052-331-0450
横浜デートスポット

社交ダンスをもっと身近で体感できる
次々と開催される最高のダンスステージ

 バレエやタンゴは一般の観客向けにも舞台がよく催されているが、社交ダンスに関しては、競技会の観客も関係者がほとんどで、興味のある一般客がプロの技術を間近で観る機会はあまりない。そこでもっとたくさんの人に社交ダンスの素晴らしさを知ってもらいたいという想いのもと、エンターテイメントと芸術性に溢れるステージがこの度披露されることになった。

 海の見える杜美術館主催で広島廿日市市にて9月16日・17日に行われる「杜のフェスティバル2006」。フェスティバルのテーマでもある自然と人の関わりや平和をモチーフとしたダンスショーが開催される予定だ。

杜のフェスティバル2006
9月16日(土)17日(日):10:00〜
場所:海の見える杜美術館
お問合せ:杜のフェスティバル実行委員会
TEL:0829-50-1921

また、冒頭でも述べたように9月22日・23日には東京芸術センター・天空劇場にて「HOTBLOOD LATINO」というラテンダンスのステージが行われる。ソロとは違うスピード感や、出会い・恋愛・ケンカからSMに至るまで、ペアで織り成す様々な愛の形は必見モノ。音楽や照明などの演出もいつもよりさらにこだわったものになっているのだとか。恋愛にまつわるドラマを分かりやすく構成したプログラムになっているので、ファンならずとも楽しめる内容となっている。男女の情熱的なストーリーを言葉ではなく踊りで表現するとどうなるのか、是非その目で確認して欲しい。

HOTBLOOD LATINO ホットブラッドラティーノ
2006年9月22日(金)昼公演14:00〜 夜公演:19:00〜
2006年9月23日(土・祝)昼公演14:00〜 夜公演19:00〜
場所:東京芸術センター22F・天空劇場
お問合せ:サラ・アーツ・プロモーション
TEL:03-5999-7528
メール
HOTBLOOD LATINO・ホットブラッド ラティーノ