日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
お散歩するならさんぽす

至高の酒・シャンパンを楽しむ

スペシャルな席にシャンパンはいかが?

もし、今日があなたにとって特別な日で、お祝いをしようと考えているのなら、その席にシャンパンを添えることをおすすめする。シャンパンは、酒類の女王とも呼べる酒。必ずやパーティーの席を華やがせてくれることだろう。
グラスの底から美しく立ち上る泡、爽やかな飲み口。記念日や、思いを寄せる女性と2人きりの時など、特別な場面で開けるのに、これほどふさわしい酒はない。「ポン!」と、小気味良い音を立てる抜栓も、シャンパンを楽しむのに欠かせない儀式の1つだ。
なぜ、人はこれほどまでにシャンパンに惹き付けられるのだろうか? それは、生産者たちのただならぬ思い入れと、稀少価値そしてなにより、そのすばらしい味わいによるところが大きい。
シャンパンのことをよく知れば、きっとあなたの人生までも、より豊かなものになることだろう。

お散歩するならさんぽす

『〜専用』でよりおいしく!
トライアスロンをしよう!
モバイルオーディオの楽しみ
かっぱ橋道具街周辺そぞろ歩き♪
木のねんど?もくねんさん
指先で風を操る快感 〜スポーツカイト〜
究極のスタミナ食!おいしいキムチ研究
都心に広がる天空 セレスティンホテル
クルマ・ジャガー所沢 ハンユウ株式会社
日曜大工にトリトンワークセンター! プロ並の仕上がりを
南米熱帯雨林の天恵、アマゾンフルーツ
モテるバイクはスタイルで選ぶ!
コンビニクーラーと扇風機どっちにする?
生活に潤いをくれるコンフィチュール
紅葉の秋、古都・京都でデート!
勝ちスポ的資産運用術入門

シャンパンってそもそもナニ?

シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインのことで、その製法や原材料にも、厳密な取り決めがなされている。畑の条件、葡萄の絞り具合、醗酵にかける期間などなど、多くの条件をクリアしたものだけが“シャンパン”を名乗ることが許される。フランスでは、シャンパーニュ地方以外で作られたスパークリングワインはすべて「ヴァン・ムスー(泡のワイン)」と呼ばれ、明確に区別されている。
シャンパーニュ地方は、スパークリングワイン発祥の地として知られている。もともと、葡萄ジュースが醗酵する過程では、炭酸ガスが発生するものなのだが、これを上手にワインの中に閉じ込めることに成功したのが、ほかならぬこの土地なのだ。以来、その製法は各地に伝わり、その土地土地で花開く。例えば、イタリアの「スプマンテ」。スペインの「カヴァ」「エスプモッソ」。ドイツの「シャウム・ヴァイン」などである。これらは、どれも素晴らしい酒ではあるが、シャンパンと呼ことはできない。シャンパンこそは、スパークリングワインの代名詞であり、誰もが認める最高峰なのだ。

ノスタルジックな味わい〜ハンガリー料理
体験型ギフト〜ギフトが贈る素敵な時間
男性美容講座・男の脱毛
日本で食べる最高のフレンチ ロオジェ
キノコの家? セカンドハウスはドーム型
靴の宝石ベルルッティで最高の一足を
オリジナルの「署名」にこだわる!
“真の”ナポリピッツァを食べる
B級グルメ探訪〜地方編
核シェルターで安全な未来を
地球環境問題への第一歩を踏み出そう
ママの味?シェフの味?イマドキのカップケーキ事情
手軽にできるプチ出家体験 坐禅に挑戦
松茸に和牛!秋を食べ尽くす割烹旅館
男40にして始める羊毛フェルト人形作り
「スノーボードクロス」にチャレンジ!

稀少なヴィンテージの持つ
測り知れない価値と値段

「ドン・ペリニョン」は、シャンパーニュ地方のスパークリングワインの中でも、最高のブランドの1つ。飲んだことはなくとも、「ドンペリ」の通称は耳にしたことがあるだろう。「ドン・ペリニョン・ラ・ベイ」は、その中でも頂点を極める通称「ドンペリ・ゴールド」。極めて稀少で、日本では銀座の高級クラブなど、限られた場所でしか口にすることはできない逸品だ。
ヴィンテージや、流通業者にもよるが、さる業者では小売価格で、1本175,000円で販売されている(1985年もの)。通常より長い熟成期間を経たシャンパンは、それほどまでに貴重で、味わい深いものなのだ。
また、「ピンドン(ドンペリ・ピンク)」の通称で知られる「ドン・ペリニョン・ロゼ」は、同じ業者で1本43,800円(1995年もの)。「ブラック(ドンペリ・ブラック)」と呼ばれる「ドン・ペリニョン・エノテーク」1本21,800円(1992年)など、どれもその希少性に見合った値段が付けられている。
そもそも、ドン・ペリニョンは葡萄の当たり年にしか仕込みを行わない。ヴィンテージによる味のバラ付きを極力抑え、ドン・ペリニョンの名を汚さないために、高品質が見込めない年には出荷を行わない方針なのだ。そうしたリスク込みのこの値段。高いと思うか、安いと思うか…それはあなたが決めること。しかし、けっして暴利をむさぼっているわけではないことを理解して欲しい。