日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

至高の酒・シャンパンを楽しむ

スペシャルな席にシャンパンはいかが?

もし、今日があなたにとって特別な日で、お祝いをしようと考えているのなら、その席にシャンパンを添えることをおすすめする。シャンパンは、酒類の女王とも呼べる酒。必ずやパーティーの席を華やがせてくれることだろう。
グラスの底から美しく立ち上る泡、爽やかな飲み口。記念日や、思いを寄せる女性と2人きりの時など、特別な場面で開けるのに、これほどふさわしい酒はない。「ポン!」と、小気味良い音を立てる抜栓も、シャンパンを楽しむのに欠かせない儀式の1つだ。
なぜ、人はこれほどまでにシャンパンに惹き付けられるのだろうか? それは、生産者たちのただならぬ思い入れと、稀少価値そしてなにより、そのすばらしい味わいによるところが大きい。
シャンパンのことをよく知れば、きっとあなたの人生までも、より豊かなものになることだろう。

横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

ビッグスクーターでタンデムツーリング!
この値段でこのボリューム!名古屋モーニング
今年の夏こそ本気でサーフィン
自宅に麻雀ルームを作ろう
蜂蜜酒にバラの酒 これからの酒は“甘い”
この夏は脱プール、大自然でスイム!
愛と夢が凝縮された「キャラ弁」の世界
ガンボってなんだ?食ってみよう。
最高の「お月見」は最高級の旅館で!
女性を撃ち抜くセクシートランクス
ダッチオーブンで七面鳥を焼く
クルマ・ジャガー所沢 ハンユウ株式会社
「髪の毛は一生かけて守るもの」
今からチェックするクールビズ
一眼レフカメラが女性に受けている!?-初心者1眼レフカメラ入門-
男だからこそ、家庭菜園を楽しもう!

シャンパンってそもそもナニ?

シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインのことで、その製法や原材料にも、厳密な取り決めがなされている。畑の条件、葡萄の絞り具合、醗酵にかける期間などなど、多くの条件をクリアしたものだけが“シャンパン”を名乗ることが許される。フランスでは、シャンパーニュ地方以外で作られたスパークリングワインはすべて「ヴァン・ムスー(泡のワイン)」と呼ばれ、明確に区別されている。
シャンパーニュ地方は、スパークリングワイン発祥の地として知られている。もともと、葡萄ジュースが醗酵する過程では、炭酸ガスが発生するものなのだが、これを上手にワインの中に閉じ込めることに成功したのが、ほかならぬこの土地なのだ。以来、その製法は各地に伝わり、その土地土地で花開く。例えば、イタリアの「スプマンテ」。スペインの「カヴァ」「エスプモッソ」。ドイツの「シャウム・ヴァイン」などである。これらは、どれも素晴らしい酒ではあるが、シャンパンと呼ことはできない。シャンパンこそは、スパークリングワインの代名詞であり、誰もが認める最高峰なのだ。

憧れのフェラーリをレンタルしちゃおう!
海外流ビールの楽しみ方
スマートフォンはどう凄い?
今年の夏はビーチバレー
ママの味?シェフの味?イマドキのカップケーキ事情
悪化する治安から身を守れ!防犯対策
都会の景色を二人占め「セスナで遊覧」
オール電化体験記
記録的寒波。辛いモノで内から打ち勝て
現代風!? 葬儀・墓参アラカルト
イタリア モテる男の条件は手料理!
男性の為のエステサロン入門
松茸に和牛!秋を食べ尽くす割烹旅館
春の京都でしっとりお花見デート
男性更年期、その傾向と対策
ラフティング これぞ自然のウォータースライダーだ!!

稀少なヴィンテージの持つ
測り知れない価値と値段

「ドン・ペリニョン」は、シャンパーニュ地方のスパークリングワインの中でも、最高のブランドの1つ。飲んだことはなくとも、「ドンペリ」の通称は耳にしたことがあるだろう。「ドン・ペリニョン・ラ・ベイ」は、その中でも頂点を極める通称「ドンペリ・ゴールド」。極めて稀少で、日本では銀座の高級クラブなど、限られた場所でしか口にすることはできない逸品だ。
ヴィンテージや、流通業者にもよるが、さる業者では小売価格で、1本175,000円で販売されている(1985年もの)。通常より長い熟成期間を経たシャンパンは、それほどまでに貴重で、味わい深いものなのだ。
また、「ピンドン(ドンペリ・ピンク)」の通称で知られる「ドン・ペリニョン・ロゼ」は、同じ業者で1本43,800円(1995年もの)。「ブラック(ドンペリ・ブラック)」と呼ばれる「ドン・ペリニョン・エノテーク」1本21,800円(1992年)など、どれもその希少性に見合った値段が付けられている。
そもそも、ドン・ペリニョンは葡萄の当たり年にしか仕込みを行わない。ヴィンテージによる味のバラ付きを極力抑え、ドン・ペリニョンの名を汚さないために、高品質が見込めない年には出荷を行わない方針なのだ。そうしたリスク込みのこの値段。高いと思うか、安いと思うか…それはあなたが決めること。しかし、けっして暴利をむさぼっているわけではないことを理解して欲しい。