日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
お散歩するならさんぽす

行きたい!ドバイへの旅

ドバイって、どんなイメージ?

「ドバイ」というと皆さんはどんなイメージをお持ちだろう?以前も勝ちスポではドバイの記事(エキゾチックな世界「ドバイ」をENJOY!)を掲載したが、オイルマネーの流入により、裕福で平和で砂漠の真ん中にはドーンとビルが建っている国・・・なんて壮大なイメージを持ってはいないだろうか?

そのイメージは、あながち間違っていない。"あながち"としたのは、恐らく貴方の想像よりも"もっと"ダイナミックなお金持ちの国であるからだ。ちなみに、ドバイという国はアラブ首長国連邦の中の首長国の1つである。アラブ首長国連邦に関しての詳しいことは、割愛するが、詳しく知りたい方はこちらでどうぞ。
アラブ首長国連邦とは?
ドバイとは?
ドバイ
お散歩するならさんぽす

生活に潜む身近な恐怖!!トランス脂肪酸
男性も、下着のオシャレが必要な時代!
男だからこそ、家庭菜園を楽しもう!
男の下着
競技人口世界2位!クリケットで楽しもう
一般人だって、歯は命!
古今東西・ソファーいろいろ
夏バテを防止する&解消する方法はこれ
ベストセラー作家を目指してみる?!
60's−80's「大人のROCK」入門ガイド
徹底分析〜「温泉たまご」とは何だ!
楽しい自動車メーカー「光岡自動車」
大人のための日帰りバスツアー!
アジの干物作りにトライ!
ご当地名物「ゆるキャラ」を探せ!
オフィスワーク効率UPの超快適グッズ
マディナ・ジュメイラのアル・カスル

ドバイへ行こう。

日本からドバイへのアクセス方法としては、エミレーツ航空が直行便を運行している。以前は、関西空港からしか出ていなかったドバイへの直行便だが、今年6月にセントレア空港(中部国際空港)からも就航が開始された。エミレーツ航空はとても評判の良い航空会社で、食事もおいしく、アメニティやスタッフの印象も◎。名古屋-ドバイ間は約10時間の長旅だが、快適なフライトが期待できる。

今回のドバイ旅行では、ビーチエリアにある「マディナ・ジュメイラ」の「アル・カスル」に宿泊。閑散期のせいかそんなに混み合っていなかったのと、全体的に客の年齢層が高めだったので、落ち着いた雰囲気で滞在できた。又、アラブ風にまとめられたインテリアは、豪華さの中にも上品さとエキゾチックなムードがミックスされ、好印象。
小粋でいなせなイマドキの屋形船事情
大冒険を満喫できる究極の乗馬とは?
基礎代謝アップで寝ているだけで減量!?
「走るリビング」高級キャンピングカー
悩みの口臭を根こそぎ消去! 
勝ち組の為の結婚相談所
自律移動ミュージックプレイヤーmiuro
あそこに広告出すにはいくら?
映画の世界を旅しよう!
自宅でそろえる高級健康器具
クロスカントリーを観よう!楽しもう!
今が買い時!「携帯の良番」
グルメの集まる店オーグードゥジュール
パートナーのハートをがっちり掴むデート術
ルーブル美術館は楽しい!
寒い冬こそ“お取り寄せ”!

ホテルでの過ごし方

「マディナ・ジュメイラ」の他、近くにはドバイのPR写真には必ず出てくる七つ星ホテル「バージュ・アル・アラブ」や、「ジュメイラ ビーチホテル」がある。「アル・カスル」のバルコニーやビーチから見る「バージュ・アル・アラブ」は見応えがあり、背後のアラビア湾の青さと相まって非常に美しく、夜はまたライトアップされた別の顔が楽しめる。

ダウ船クルーズ(ドバイクリークの夜景を見ながらのディナー)で知り合った、50才代の日本人夫婦に「絶対「バージュ・アル・アラブ」は行くべき!」と、27階でのハイティーを勧められ、一人Dh35(35ディルハム=1000円強)でお茶をしたところ、眺めは最高!通常、宿泊か食事の予約をしていないと入れないらしいので、安く楽しめるコツかと・・・。ただ、入館時に宿泊しているホテルをチェックされるなど、出入りには厳しいようだ。アラブ的なマディナ・・とは違い、建物内外のデザインがモダンで斬新かつ近未来的な印象なので、落ち着くかどうかは、ちょっと・・という感じ。

尚、各ホテルはSPAが充実している。私達は宿泊ホテル外のドバイマリーナにあるスパ(アンサナスパ)でカップルルームを利用。ドバイマリーナ沿いには欧米セレブに人気の高い?ホテル、「グロブナー・ハウス」があるが、ここの「ブッダ・バー」は夜遊びにはお勧め!
バージュ・アル・アラブ