日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都デートスポット

行きたい!ドバイへの旅

ドバイって、どんなイメージ?

「ドバイ」というと皆さんはどんなイメージをお持ちだろう?以前も勝ちスポではドバイの記事(エキゾチックな世界「ドバイ」をENJOY!)を掲載したが、オイルマネーの流入により、裕福で平和で砂漠の真ん中にはドーンとビルが建っている国・・・なんて壮大なイメージを持ってはいないだろうか?

そのイメージは、あながち間違っていない。"あながち"としたのは、恐らく貴方の想像よりも"もっと"ダイナミックなお金持ちの国であるからだ。ちなみに、ドバイという国はアラブ首長国連邦の中の首長国の1つである。アラブ首長国連邦に関しての詳しいことは、割愛するが、詳しく知りたい方はこちらでどうぞ。
アラブ首長国連邦とは?
ドバイとは?
ドバイ
京都デートスポット

勝ち組の為の結婚相談所
ひと味違うグリーティングカードを
ツール・ド・フランス2007年速報!
エキゾチックリゾート 長崎
ハイビジョンで迫力の映像を楽しもう
「熟成古酒」はコク深い大人の味わい
独占報告!中国若者熱烈的恋愛事情
マクロビオティック…健康で長生きしたい人に
アートとしての「磁性流体」
男性こそ!ヘッドスパを体験!
王様の眠りを約束する快眠テクノロジー
手軽にできるプチ出家体験 坐禅に挑戦
あの勝ち組社長のブックマークに習おう
テーブルサッカーで、もう一つのW杯!
ボートハウスで愛車と生きる
酢の王様「バルサミコ酢」の華麗なる世界
マディナ・ジュメイラのアル・カスル

ドバイへ行こう。

日本からドバイへのアクセス方法としては、エミレーツ航空が直行便を運行している。以前は、関西空港からしか出ていなかったドバイへの直行便だが、今年6月にセントレア空港(中部国際空港)からも就航が開始された。エミレーツ航空はとても評判の良い航空会社で、食事もおいしく、アメニティやスタッフの印象も◎。名古屋-ドバイ間は約10時間の長旅だが、快適なフライトが期待できる。

今回のドバイ旅行では、ビーチエリアにある「マディナ・ジュメイラ」の「アル・カスル」に宿泊。閑散期のせいかそんなに混み合っていなかったのと、全体的に客の年齢層が高めだったので、落ち着いた雰囲気で滞在できた。又、アラブ風にまとめられたインテリアは、豪華さの中にも上品さとエキゾチックなムードがミックスされ、好印象。
築地でおいしいものを探そう!
金沢の金箔貼りを体験!
2007年 カウントダウン・レポートfromパリ
鉄道模型はリッチマンの証
ばんそうこうのエトセトラ!驚きの真実。
確定申告の基本
「ブドウ糖」で脳内パワーをチャージ!!
意外と知らない「出産祝い」のツボ
レーシングカートで超Gを体感せよ!
“いざ”その時のために…「喪主」
最新の生活様式“ロハス”を知ろう
男だからこそ、家庭菜園を楽しもう!
徹底解剖!ハタラク中国人のお仕事意識
基礎代謝アップで寝ているだけで減量!?
ロールスロイスを見て触って乗ってみた
選んで持とう!個性的クレジットカード

ホテルでの過ごし方

「マディナ・ジュメイラ」の他、近くにはドバイのPR写真には必ず出てくる七つ星ホテル「バージュ・アル・アラブ」や、「ジュメイラ ビーチホテル」がある。「アル・カスル」のバルコニーやビーチから見る「バージュ・アル・アラブ」は見応えがあり、背後のアラビア湾の青さと相まって非常に美しく、夜はまたライトアップされた別の顔が楽しめる。

ダウ船クルーズ(ドバイクリークの夜景を見ながらのディナー)で知り合った、50才代の日本人夫婦に「絶対「バージュ・アル・アラブ」は行くべき!」と、27階でのハイティーを勧められ、一人Dh35(35ディルハム=1000円強)でお茶をしたところ、眺めは最高!通常、宿泊か食事の予約をしていないと入れないらしいので、安く楽しめるコツかと・・・。ただ、入館時に宿泊しているホテルをチェックされるなど、出入りには厳しいようだ。アラブ的なマディナ・・とは違い、建物内外のデザインがモダンで斬新かつ近未来的な印象なので、落ち着くかどうかは、ちょっと・・という感じ。

尚、各ホテルはSPAが充実している。私達は宿泊ホテル外のドバイマリーナにあるスパ(アンサナスパ)でカップルルームを利用。ドバイマリーナ沿いには欧米セレブに人気の高い?ホテル、「グロブナー・ハウス」があるが、ここの「ブッダ・バー」は夜遊びにはお勧め!
バージュ・アル・アラブ